東本願寺

(一般)
ひがしほんがんじ

東京都台東区西浅草一丁目にある浄土真宗東本願寺派の本山。
1651年に東本願寺第12世教如が神田に江戸御坊光瑞寺を建立したのを始まりとし、その後、京都の東本願寺の掛所(別院)となった。1965年に東京本願寺と改称。1981年にお東騒動の影響で、真宗大谷派との包括関係を解消し独立。1988年には、浄土真宗東本願寺派の結成により同派の本山となり、2001年には浄土真宗東本願寺派本山東本願寺と改称した。

東本願寺

(一般)
ひがしほんがんじ

京都市下京区にある真宗大谷派の本山。通称、東本願寺。本願寺一二世宗主となった教如が、豊臣秀吉により直ちに弟の准如(じゆんによ)に宗主を譲らされ、慶長七年(一六〇二)に徳川家康から寺地を寄進されて創建。寺宝には、親鸞筆の「教行信証」(国宝)など多数。大谷派本願寺。お東。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ