松崎明

(社会)
まつざきあきら

組合運動指導者。「松嵜明」とも表記する。
1936年、生まれ。2010年12月9日、死去。74歳だった。
埼玉県出身。
1955年、日本国有鉄道国鉄)に入社。
1963年、国鉄から解雇される。
1985年、国鉄動力車労働組合動労)中央執行委員長に就任。

1987年、国鉄の民営化によりJRになってからは東日本旅客鉄道労働組合中央執行委員長、東日本旅客鉄道労働組合会長。
2001年、東日本旅客鉄道労働組合顧問に就任。全日本鉄道労働組合総連合会特別顧問などを歴任した。
「鬼の松崎」「JRの妖怪」などとも異名をとった。
2003年、すべての役職を退任したという。

主な著書

鬼が嗤う―ひとよ人たれひとは民たれ

鬼が嗤う―ひとよ人たれひとは民たれ

鬼の咆哮 暴走ニッポン!

鬼の咆哮 暴走ニッポン!

など

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ