染色体

(サイエンス)
せんしょくたい

多数のヌクレオチドがつながって螺旋状になり、さらに糸が巻きついたように凝縮され染色体と呼ばれる構造を作っている。
細胞分裂期に塩基性染色物質で染めると、はっきりとした形をとって見えるようになるので、このような名前が付けられた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ