柳宗理

柳宗理

(一般)
やなぎそうり

工業デザイナー、プロダクトデザイナー、金沢美術工芸大学客員教授
1915年6月29日生まれ、東京都出身。東京美術学校卒
本名は、柳宗理(やなぎ・むねみち)。実父は、宗教哲学者の柳宗悦、祖父は、政治家の柳楢悦。
日本の工業デザイナーの草分け的存在。工業デザインの他、家具、雑貨等幅広い分野を手掛け、数多くの名作を生んだ。その作品は、ニューヨーク近代美術館・ルーブル美術館・メトロポリタン ミュージアムらで永久保存品として保管されている。

略歴

  • 1915年:白樺派同人であった柳宗悦の長男として誕生
  • 1940年:東京美術学校(芸大)洋画科卒業
  • 1942年:坂倉建築事務所研究員。シャルロット・ペリアンのアシスタントを勤める。
  • 1950年:柳インダストリアルデザイン研究所開設
  • 1952年:第一回工業デザインコンクール(現・毎日デザイン賞)第一席入選、財団法人柳工業デザイン研究会設立
  • 1954年:金沢美術工芸大学教授に就任
  • 1957年:第11回トリエンナーレ展(国際デザイン展/イタリア・ミラノ)でゴールドメダル賞を受賞
  • 1960年:世界デザイン会議(東京)の実行委員
  • 1964年:東京オリンピックの聖火リレーのトーチ・ホルダーなどオリンピック設備のデザインを担当
  • 1972年:札幌冬期オリンピックの聖火台のデザインを担当
  • 1977年:父の宗悦が創設した日本民藝館館長に就任
  • 1981年:紫綬褒章受章
  • 1983年:柳宗理デザイン展を開催(イタリア文化会館)
  • 1985年:関越トンネル坑口(関越自動車道)のデザインを担当
  • 1991年:足柄橋(東名高速道路)のデザインを担当
  • 1998年:「柳宗理・デザイン」展(セゾン美術舘)
  • 2002年:文化功労者
  • 2011年12月25日:肺炎により死去

代表作

バタフライスツール

  • 1957年:第11回トリエンナーレ展(国際デザイン展)金賞を受賞

バタフライスツール(柳宗理/天童木工)

三角スツール

野毛山公園歩道橋、園内設備(神奈川県横浜市)

横浜市営地下鉄駅舎

カトラリー・キッチンツール

柳宗理 日本製 カトラリー12本セット #1250 ティースプーン&ヒメフォーク12PCS TH-12PC ステンレス柳宗理 日本製 ステンレス ケトル 2.5L IH対応 つや消し柳宗理 日本製 片手鍋 18cm ガス火専用 ステンレス つや消し柳 宗理 鉄フライパン 25cm 蓋付 311160柳宗理 日本製 ステンレス ボール 3点セット (16.19.23cm)
柳宗理 ウッド丸プレート 10cm 5枚組柳宗理 日本製 両手鍋 22cm ステンレス パスタパン柳 宗理 グリルパン 鉄蓋・ハンドル付き 22cm柳宗理 日本製 ティースプーン 6本セット 全長14cm #1250 ステンレス柳 宗理 鉄器ミニパン 16cm 蓋なし


柳宗理 エッセイ (平凡社ライブラリー)

柳宗理 エッセイ (平凡社ライブラリー)

CasaBRUTUS特別編集 新装版 柳宗理 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

CasaBRUTUS特別編集 新装版 柳宗理 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)

ネットの話題: 柳宗理

人気

新着

新着ブログ: 柳宗理