検閲

(一般)
けんえつ

定義

広義説
公権力が外に発表されるべき思想の内容をあらかじめ審査し、不適当と認めるときは、その発表を禁止する行為
判例(最大判昭59.12.12)
行政権が主体となって、思想内容等の表現物を対象とし、その全部又は一部の発表を目的として、対象とされる一定の表現物につき網羅的一般的に、発表前にその内容を審査した上、不適当と認められるものの発表を禁止すること

検閲と現行制度

検閲は、現代日本では、日本国憲法21条第2項において禁止されている。
検閲にあたるのではないかが訴訟において争われた現行制度には、次のようなものがある。

  • 税関検査
  • 裁判所の事前差止め
  • 青少年保護育成条例による有害図書指定
  • 教科書検定

 

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ