白村江の戦い

白村江の戦い

(一般)
はくすきのえのたたかい

天智2年(663年)8月27日〜28日

唐・新羅連合軍対倭・百済連合軍との戦いにおける、錦江河口での海戦。
倭軍は百済救済のため水軍を派遣するが、倭・百済連合軍は待ち伏せをしていた唐の水軍に大敗する。
これにより百済は滅ぼされる。また5年後には高句麗も滅ぼされ、新羅により朝鮮半島は統一される。

関連項目

  • 中大兄皇子

ネットの話題: 白村江の戦い

人気

新着

新着ブログ: 白村江の戦い