羅臼岳

(地理)
らうすだけ

羅臼岳は、北海道東部・知床半島にある標高1,661m*1の山。知床富士とも呼ばれる。
約500年前まで火山活動を続けていた活火山である。
1964年6月1日、知床国立公園に指定。
2005年7月、この山域を含む知床半島が知床 (世界自然遺産)に正式登録された。
日本百名山の最東端。
花の百名山、新・花の百名山にも指定されている。

収録地形図

2万5千分の1「知床五湖」「羅臼」「硫黄山」「幌別」5万分の1「羅臼」

*1:2014年4月1日、三角点標高成果の改訂に伴い、1,660mから変更

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ