菩薩

(一般)
ぼさつ

自らのためだけでなく、他人の利益になることも考えつつ修行する人々。仏に次ぐ崇拝対象ともなっている。
サンスクリット語の「ボーディサットバ」(悟りを求める人)の音訳で、正確には「菩提薩(捶)」(ぼだいさった)。開士とも。
仏(仏陀)を目指して、修行しておられる方々。

幸福の科学

現在、宗教法人「幸福の科学」では、「菩薩とは、次元的には七次元の世界の住人である」という定義をしていますが、広義では、「志において、仏になろうとして修行をしている人たち」「仏になろうとする大願をかかげて、修行をし、あるいは伝道をしている人たち」――そうした人たちのことを、菩薩という言葉で呼ぶのです。菩薩とは、基本的に、仏になろうとして、努力している人達のこと。いずれは、仏になろうとして、その身を精進させている人達のこと。より多くの人びとを、救い、助け、幸福にしていこうとしていく人達のことをいう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ