路上

(読書)
ろじょう

On the Road

1951年作。戦後アメリカのビート・ジェネレーションにおける代表的作品。
著者はジャック・ケルアック。

概要

作者がアメリカを横断した放浪体験を元に書いた自伝的内容の小説。
1960年にアメリカでヒッピーや若者に熱狂的に支持され、カウンターカルチャーにも大きな影響を与えた。

同名の映画『オン・ザ・ロード』が2012年にアメリカで公開予定。*1
2012年5月にフランスで行われる「カンヌ国際映画祭」にも出品される。*2

日本語訳

  • 1959年:『路上』の邦題で河出書房新社より出版。(福田実訳)
  • 2007年:『オン・ザ・ロード』河出書房新社より出版。(青山南訳)
  • 2010年:『オン・ザ・ロード』河出書房新社より新刷版として出版。(青山南訳)
  • 2010年:『スクロール版 オン・ザ・ロード』河出書房新社より出版。(青山南訳)
    • ひとつながりの巻紙(スクロール)に3週間で打ちこんだという、伝説の『オン・ザ・ロード』草稿版

オン・ザ・ロード (河出文庫)

オン・ザ・ロード (河出文庫)

路上

(一般)
ろじょう

文字通り、(みち)の

路上奏者の間では短縮形として『路上ライブ』を表しもする。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ