餃子の王将

餃子の王将

()
ぎょうざのおうしょう

中華料理のチェーン店。王将もしくは京都王将が通称である。
また、それを運営する『株式会社王将フードサービス』。

株式会社王将フードサービス

英文社名:Ohsho Food Service Corp.
証券コード:9936
京都府京都市山科区に本社をおき、中華料理チェーン店の「餃子の王将」などを展開する外食産業の会社。

略歴

  • 1967年12月 創業。
  • 1974年7月 「株式会社王将チェーン」として設立。
  • 1990年12月 「株式会社王将フードサービス」に社名変更した。
  • 2013年12月19日 早朝、大東隆行社長が本社前の路上にて、消音器を付けたとみられる拳銃*1で撃たれ、死亡した。新社長には渡辺直人 元常務(下記の動画で、研修を指揮している人物)が就任した。

飲食店

餃子を主力とする中華料理のチェーン店で王将といえば、「京都王将」と「大阪王将」の2系統があるが、餃子の王将の商標を用いているのは、「京都王将」の方である。
餃子の王将の店舗形態は直営とフランチャイズの2種類が存在する。コマーシャルに拠れば餃子は一日100万個売れるとされる。

「食在王将 … 食は王将に在り」

労働環境

従業員に研修で、大声で叫ぶなどさせる、いわゆる『絶叫研修』を行う会社として知られ、テレビ番組でも取り上げられている。*2
『ブラック企業』との批判もあるが、餃子の王将側はホームページで

これまで個性や個人の自由が大切だという名目の下で放任されてきた、自己中心的(我儘)な行動は許されないことを先ずは教えなければなりません
(中略)
現代の若者は、家庭や学校で、こうした躾をされる機会が少なく、叱られることさえなかった人も多く、ややもすると、個人の自由という名目で我儘を通すことが黙認されてきました。こうした若者を受け入れるにあたって、通り一遍の無難な研修だけでは、学生気分から脱却させることはできません。
(中略)
今の若者には3つのことが欠けています。1つ目は「汗をかかないこと」、2つ目は「涙を流さないこと」、そして3つ目は「感謝を知らないこと」です。

http://www.ohsho.co.jp/company/training.html

などとして理解を求めている。

補足

京都王将は 1967年12月創業
大阪王将は 1969年9月 創業 Eat & Co.に社名変更
元は一つの会社で分裂したという説もあり
王将も参照

発電店舗

換気扇から吹き出す強い風や熱を、電気にかえるという取り組みを2012年から開始。
「餃子の王将」で発電?そのメカニズムとは : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ネットの話題: 餃子の王将

人気

新着

新着ブログ: 餃子の王将