007は二度死ぬ

007は二度死ぬ

(映画)
ぜろぜろせぶんはにどしぬ

You Only Live Twice

  • 1967年|イギリス|カラー|117分|画面比:2.35:1

概要

米ソの宇宙船が次々と行方不明になった。英国諜報部は日本周辺から発射された謎のロケットが怪しいと睨み、ジェームズ・ボンドを派遣する。日本人に成り澄ましたボンドは、真相に近付くが。
007シリーズ第5作目は、冒頭など一部の場面を除いて全編日本が舞台。当時は大掛かりなロケ撮影も話題になり、日本でも大ヒットした。荒唐無稽な物語と時代錯誤な日本の風景も相まって、一部ファンに人気を持つ。後の『オースティン・パワーズ』へも影響を与えた。

  • 宿敵ブロフェルドを演じたのは個性派俳優のドナルド・プレザンス。本シリーズでブロフェルドの素顔が登場したのは、本作品が初めてである。
  • イギリス本土が登場しないのは、シリーズで本作のみ。
  • ヘンダーソン役のチャールズ・グレイは『ダイヤモンドは永遠に』でブロフェルド役を演じている。シリーズで善玉悪玉を演じた俳優は、グレイと、『リビング・デイライツ』で悪玉を、『ゴールデンアイ』と『トゥモロー・ネバー・ダイ』で善玉を演じたジョー・ドン・ベイカーの2人のみ。