PC-8001

(コンピュータ)
ぴーしーはちまるまるいち

NECが販売していた8bitパソコン。
1979年9月28日発売、定価168,000円。本体にキーボードを組み込んだ当時はよく見る形状である。

スペックはCPUがZ80Aコンパチ(4MHz)、メモリが16kBと今では考えられないが、完全では無いもののカラー8色で160x100ドットのグラフィック能力( *1 )を装備していた事から、当時は一世を風靡した。
尚、PC-8005( 増設メモリパック : 16KByte )を追加する事でRAMを32KByteに増設出来たが、この16KByte( 0.016MByte )のメモリは、当時24,500円もした( *2 )。数GByteのメモリが数万円で買える今日からみると、隔世の感が有る。ちなみに当時は、スーパコンピュータでもメモリは8MByte〜32MByteしか装備されていなかった。

*1:カラー表示可能な機種は、他はアップルIIのみで価格は数倍以上。

*2:その後低価格版のPC-8006(14,000円)が発売された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ