Hatena::ブログ(Diary)

くるみ割りの魔女結界

2014-11-04

[全国ダブル]†王道を往く†ボルトランドスタン

第14回富山オフで使用して、優勝しました。

全国ダブルを始めるにあたって、最初は追い風噴火ドランのようなやりたいことをやるパーティーを組んでいたのですが、結局ボルトランド軸のスタンパが同じポケモンでも様々な型があったり人によって回し方が違ったりで厄介であり、なんだかんだ強くて自分も高種族値スタンパーティーは好きだったのでこれを組んでみることに。
10月初めに開かれた大正義オフでは、
ボルトロス(負けん気)、霊獣ランドロススイクンエンテイガルーラユキノオー
という、スイクンの追い風を絡めたスタンチックなパーティーを使用しましたが、慣れない遠征で寝不足のせい(言い訳)で自分の立ち回りが酷く予選落ち
パーティーは悪くはなかったと思うのですが、似たようなパーティーが多く、択ゲーが多くなり安定しなかったので解体。

そこからいろいろ試行錯誤していくうちに、このようなパーティーが出来上がりました。
正直、ゲッコウガ以外は現環境でよく見るポケモンで構成されており、持ち物も✝王道を往く✝ものばかりですが、良ければ見てやってください。


f:id:bicho5296:20141103010929p:imagef:id:bicho5296:20141103010930p:imagef:id:bicho5296:20141103010923p:imagef:id:bicho5296:20141103010928p:imagef:id:bicho5296:20141103010925p:imagef:id:bicho5296:20141103010931p:image

ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
ボルトロス10万ボルト目覚めるパワー氷電磁波挑発悪戯オボンの実
霊獣ランドロス岩雪崩地震叩き落とす馬鹿力威嚇拘りスカーフ
ガルーラ恩返しグロウパンチ不意打ち守る肝っ玉→親子愛ガルーラナイト
モロバレルキノコの胞子怒りの粉ギガドレイン守る再生力ゴツゴツメット
エンテイ聖なる炎神速ストーンエッジ地均しプレッシャー突撃チョッキ
ゲッコウガ冷凍ビーム悪の波動ハイドロポンプ守る変幻自在命の珠


■概要■
大正義オフで、追い風から展開するパーティーが多かったことや、太鼓暗示などギミック系が結果を残したことから、悪戯ボルトロスを軸にしようと決意。
負けん気ボルトロスを使っていたとき、いくらゴーグルでメタが進もうと増え続けるキノコ野郎モロバレルがウザかったので、挑発ボルトロスはこれを黙らせられる点も大きい。

また、この頃からメガガルーラは殆ど捨て身(恩返し)、けたぐり、冷凍パンチ、猫騙し(守る)のものばかりになっていると感じ、不意にやられるグロウパンチが強かったので自分でも使ってみようと思いました。
ボルトロスで挑発して置物になったサポートポケモンや、電磁波麻痺を撒いて縛った相手にグロウパンチを当てたり、ガルーラより速いポケモン麻痺を撒くことで積んだ状態で暴れまわる立ち回りを目指します。

グロパンを積むガルーラを生かしたいので、攻撃や鬼火など障害を吸い寄せられるモロバレル
相手のガルーラや霊獣ランドロスなど強力な物理ポケモンの抑制のため霊獣ランドロス
フェアリー耐性や、相手のモロバレルの迅速の処理のための炎タイプ枠はほぼ確定。

ここから残り1枠の穴埋めに何を入れるかと、炎タイプ枠に誰を採用するかをじっくり検討。
炎枠にはまずヒードラン(@食べ残し、噴火@風船、噴火@スカーフなど色々)やエンテイを試したり、残り1枠にマリルリニンフィアを入れてみたりしていました。
しかし、中々しっくりは来ず、ここまででガルーラを上から縛るポケモンの中でも麻痺の効かない負けん気ボルトロスと、化身ランドロスガブリアスあたりが非常に重く感じました。
そこで、これらを上から縛れるポケモンということでゲッコウガを採用。
耐久の低いポケモンですが、かなり速い素早さで上からタイプ一致の冷凍ビームを打てる点が非常に優秀で氷の一貫性が高く、また水技も持っているのでよく採用される炎枠では受け辛い。
氷だけでなく、悪と水で現環境に多いポケモンに広範囲で技を撃てます。
特に使用率の高いミラー系構築には殆ど弱点をつけ、ガルーラには等倍であるものの、上からそこそこの火力で攻撃できるので集中やバレルのゴツメによる削りで縛れるのではないかと目をつけました。

ゲッコウガを入れたことにより、更に対モロバレルが厚くなったので(珠冷凍ビームで乱数1発)炎枠は噴火一撃で仕留める必要も薄く、半端な火力を補える神速や安定した耐久を買ってエンテイに。
このパーティーの素早さ操作は麻痺によるものですが、やはり噴火ヒードランは追い風やトリルなど絶対的な素早さ操作の元でないと使い辛いと思いました。

選出は、スタンパーティーなのでどのポケモンにも先発、後発の機会はありますが、多いのは、

先発
f:id:bicho5296:20141103010937p:imagef:id:bicho5296:20141103010938p:imageorf:id:bicho5296:20141103010939p:image
後発
f:id:bicho5296:20140725231444p:imagef:id:bicho5296:20141103010936p:imageorf:id:bicho5296:20141103010934p:imageorf:id:bicho5296:20141103010938p:image

といった形で、初手で麻痺を撒いたり相手を殴ったりバレルでゴツメ受けして瀕死寸前まで削って、裏からガルーラ出してグロパンから〆るといった立ち回りを目指します。
相手のガルーラメタが薄そうに感じたり、ニンフィア圧力をかけておきたいときなどにガルーラは初手に持っていきます。
反対に、相手のパーティーに麻痺の効かないポケモンが多かったり、そもそもS操作の必要性が薄い場合はボルトロスは留守番。
エンテイモロバレルは後発であることが多いですが、相手によって稀に先発に。特に積みサポートの薄いガルーラマリルリの入ったパーティーは高確率で初手ガルーラマリルリで出されるようなので、モロバレルを初手に持っていけばアドが取れることも多いです。

ガルーラはこのパーティーのエース的な存在の唯一のメガ枠ですが、最近ではガルーラが動き辛いパーティーも多く、無理に選出しないほうが良いときもあるのでそこらへんの見極めも大事になってくると思います。

意識していたわけではないですが、ボルトロスランドロスガルーラ+草+炎+水という形になり、非常に綺麗なタイプ相性補完にまとまりました。


■個別解説■

f:id:bicho5296:20141103010937p:imageボルトロス
186-x-90-145-101-179

電磁波による素早さ操作や、トリル、害悪ポケモンに挑発をいれるのが仕事。
最終的に素早さに振った最速HSに落ち着きましたが、一応穏やかHBDみたいな個体や、めざ氷の枠を守るや身代わりにしたりで回したりもしてみました。
耐久に振ると、かなり長く場に留まっていられるようにはなりますが、素早さが遅いと特にめざ氷を撃ちたい相手に先制されてしまい、倒されなくても最悪雪崩で怯んだりするので使い辛かったです。
最速個体にすることで、相手の悪戯ボルトロスレパルダスなどに先手をとって挑発を入れられますし、いちいち麻痺を挟まなくてもガルーラを上から縛ってくる削れたゴウカザルを倒したりや、非スカーフランドロス、スカーフを叩き落としたあとのランドロスを安全に処理できる点がとても便利でした。
その分、耐久が少し心もとないですが、XYから麻痺無効のポケモンが増えたことと、このパーティー自体それほど遅いポケモンが多いわけではないので麻痺を撒きたい相手が少ないことから、長居しなくても当てたい相手にだけ電磁波が使えれば充分であったため、特に困ることは少なかったです。
ちなみに、色違いを使うと負けん気でないことがバレてディスアドらしいですが、どーせボール注意深く見てれば分かるしアップデートでエフェクトが分かりやすくなったみたいなので格好つけて色違い使ってましたw


f:id:bicho5296:20141103010938p:image霊獣ランドロス
165-216-115-x-105-143

XY全国ダブルで最もKPが高いポケモン(だと思う)
思考停止ノータイムで入れることは避けましたが、対物理全般を広く相手にするためにやはりスタン構築を使う上では必要になってきます。
スカーフランドは増えすぎてメタられているし、技も融通が利かず弱い気もしましたが、冷凍パンチ持ちのガルーラが増えている以上他の持ち物は不安が残り更に使い辛かったです。
敵スカーフランドロスはやや対処が面倒ですが、こいつでスカーフを叩き落としたあとにボルトロスゲッコウガガルーラあたりで処理するか、モロバレルで胞子を当てることで処理しようと考え、どうせ陽気最速にしたところで同速だったりだから既に持っている意地っ張り個体でいいかとA補正で使いましたが、特に火力が欲しくなる場面もなく、同速でもいいから先制する可能性があったほうが良い場面も何度かあったため、陽気最速のほうが良かったかもです。


f:id:bicho5296:20140725231444p:imageガルーラ
181-176-121-x-121-167(メガ後)

XY最強のメガシンカですが、誰もがメタっているのが当たり前なので思考停止で出せるほどは強くないです。
捨て身タックルは火力がありますが、バレルで受けてゴツメのダメージと合わせて倒しにくる相手も多く、それ以外の相手に撃つ際も無駄に体力を削られてメガガルーラ本来の耐久力の高さが失われてしまうため、前のめりな構築以外はやはり無反動の恩返しが最適だと思いました。
ガルーラの捨て身タックルに合わせて耐久調整をしている相手もA+1恩返しで丁度崩せることが多かったり、よく受けに来るモロバレルも先にグロウパンチで積んでA+2状態なら恩返しで倒せたりします。
先発で削ってグロウパンチ圏内に入れてから死に出しや、覚えてないですが猫騙しや隣の圧力で交替を誘いながらのグロパン積みは強力でした。
対リザバナなど、初手両守るの可能性の高い相手にはボルトガルーラで、一応電磁波を撃って保険をかけながら味方ボルトロスにグロパンで積み→次のターン電磁波守るorフシギバナに挑発&リザードンに不意打ち(初手のメガシンカ順でリザードンが速いか遅いかで耐久振りか判断)といった立ち回りをします。
トリックルームをされても先に積めれば守ると不意打ちで広く戦えるので万能でした。

細かいことですが、努力値は元々無駄な数値が出るのが嫌いで、火力を1落としただけで仮想敵へのダメージが響いたり、そもそも紙耐久なポケモン以外は極振りでなく、4-244-4-x-4-252に振り分ける性格なんですが、特にメガガルーラの場合はリグナさんがブログで細かく表に出していた通り、メガガルーラを一撃で落としに来る相手の乱数が大きく変わるため振り分け安定だと思います。


f:id:bicho5296:20141103010936p:imageモロバレル
221-x-132-105-103-38

相手のガルーラなどの攻撃を吸ったり、トリル&雨などに強いポケモン
悪戯ボルトロス猫騙しが飛んできやすい分後ろから投げて受けたり、全体的にやや足りない火力を補うため持ち物はゴツゴツメット
素早さは、麻痺を利用するパーティーなので出来るだけ上げたく、最遅ドサイドンついでに最遅トリトドン−1の38に設定。
特性も、受け回す機会がそれなりにあるので再生力。
攻撃技にもエナジーボールやイカサマなど候補はありますが、雨相手などに回復できる技は大きいと思いギガドレインにしました。
対トリルに関しては、ここまでメジャーなモロバレルですから変なポケモンが防塵ゴーグルを持っていることも多く、あまり過信してはいけないと戒められました。


f:id:bicho5296:20141103010934p:imageエンテイ
222-176-116-x-96-127

準伝説らしい圧倒的数値とチョッキにより上がった特殊耐久で現環境に蔓延る炎フェアリーを完璧に受けるポケモン
交替受けの性能が高く、他のポケモンとの縦の相性も良いため後ろに控えさせておくと安定します。
リザバナなどはこいつを温存させておくだけでかなり楽になるので、下手に状態異常を貰ったりしないよう大切に扱うことが大事です。
聖なる炎の威力、追加効果からの一貫性は言わずもがな、神速で死にかけの相手にとどめを刺したり襷エルフーンの安全な処理。
また、地ならしの素早さ操作が効いてくる場面も稀にあります。
ヒードラン噴火のような火力こそありませんが、一撃で落とされにくく、役割対象への遂行力は流石でした。


f:id:bicho5296:20141103010939p:imageゲッコウガ
147-x-88-155-91-191

電磁波の効かない速いポケモン全般に高打点を持っているポケモン
全国ダブル環境が氷の通りやすい環境であり、鋼タイプが少なく氷を炎で受ける構築が多いため上からの水+氷は一貫性が高い。
一時、スカーフランドロスを狩るスカーフゲッコウガが話題になったこともあり、非スカーフで素早さで負けていても初見で相手の霊獣ランドロスにプレッシャーを与え動かし辛くできます。
持ち物はスカーフにしたところで逃げられては意味がないし、せっかく変幻自在で技を打ち分けられるのに拘るのはもったいないことや、素の火力がやや足りないことから命の珠に。
耐久が心細く気合の襷も余っていますが、変幻自在のおかげで意外と弱点をつかれにくく強化アイテムのない一致技くらいならギリギリ耐えることが多く、その他ゲッコウガを一撃で倒しにくるのが結局襷を無視するメガガルーラが多いことであまり発動機会が少ないように感じました。
ファイアローや、他のスカーフ持ちが怖くはありますが、そこらへんはボルトランドである程度カバーできます。
単純に電磁波の効かない高速ポケモンというだけでなく、ゲンガーテラキオンといったガルーラの苦手な高速ポケモン全般にも強かったり、パーティーでやや少なめなクレセリアへの打点にもなってくれるので良い感じにパーティーの穴埋めをしてくれました。
スタン系パーティーで紙耐久ポケモンを採用するのは5世代の頃にはちょっと考え辛いですが、今のXYは基本的にスタンでもビートダウン傾向の強いパーティーが多く使いやすかったです。
配分は当然のCSぶっぱですが、数が減っているとはいえスカーフランドロスのとんぼ返り如きで死んでもらっては困るので(撃たれたことありませんが)高乱数を引かれない限り落ちないよう余りはBに振りました。
弱点をついて倒すのが基本ですが、ゴツメの定数ダメージや神速、不意打ちといった先制技を合わせると縛れる範囲が広くなります。
水技は、ハイドロポンプだとチョッキエンテイを一撃で落とせなかったり、メガガルーラをゴツメと合わせて倒せることに魅力を感じてハイドロカノンも試してみましたが、やはり僕の技量では使いこなせなかったですw


■総括■
一応、自分の納得できるボルトランドスタンを形にできたと思います。
最後の穴埋めに入れたゲッコウガが、それほど選出率は高くもないですが刺さっている相手に素晴らしい活躍をしたので良かったです。
ゲッコウガは水タイプといっていいか怪しいですが、やはりボルトロスランドロスガルーラ+(草、炎、水、フェアリーから3匹)の形は非常に安定しているといえるでしょう。
しかしながら、高レート帯だとガルーラを自然な形で楽に処理できるパーティーも多く、そもそも選出しても活躍し辛そうと見受けられることもそれなりにあったので、ガルーラ思考停止で入れれば強いといったわけでは全然ないと思います。
上記の形は、ガルーラを抜いた5匹である程度相性保管が完成されていて、ガルーラは相手に圧力をかけたり、5匹では中々手の届かない厄介なところを潰すといった感覚だと思うので、他のメガシンカポケモンを入れても強力な形だと思いますし、草炎水フェアリーの枠にメガシンカを使うのも強いでしょう。
自分の好みとして、メガフシギバナを使うならボルトランドフシギバナ+(炎、水、フェアリー、その他穴埋めから3匹)といった形でも組んでみたいですね。メガバナを使うなら水、フェアリー耐性が厚くなること、炎に弱くない草枠であること、メガガルーラがやや厳しいことから、ゴーストタイプは欲しくなりますね。
この形は少し違いますが、自分がカロスダブルのときに愛用していたメガバナスタンに例えると、

ボーマンダガブリアス→霊獣ランドロス
ヒートロトムボルトロス、炎枠
マリルリ→水、フェアリー
ギルガルド→その他穴埋め枠

となるので、あのパーティーの全国ダブルverといった感じになりそうで多分肌に合うので是非使ってみたいですね。

XY全国ダブルは公式大会もなかったので考察する時間も少なく、カロスダブルほどは極められなかったと思いますが、使えるポケモンが多く、様々なパーティーを見ることができたのでとても楽しかったです。
次回作オメガルビーアルファサファイアではまたメガシンカポケモンが増えて、パーティーの幅が広がるのでとても楽しみですね!

2014-11-02

第14回富山オフレポート

11月1日に富山県高岡市で開催された第14回ポケモン富山オフに参加して参りました。
前に参加した第12回では、シングル、ダブル、マルチ全種目で全勝し完璧な三冠優勝を決めたことと、これがXY環境最後のオフになると思ったので、もう1度三冠優勝を決め二連覇することを目標にパーティーをじっくり練りました。
じっくり考えていたら育成や対戦する時間がぜんぜん足りず、シングルは行きの車の中で育成(その結果車酔い)して1戦も回さずに参加するという畜生でしたが、コンセプトが上手く嵌り3位。
最も得意であり、それなりに対戦回数も確保できたダブルは優勝。
おまけのマルチもやりたいことがやれて楽しく、運良く2位。
と、こんな感じで三冠優勝には及びませんでしたが、全種目好成績で総合優勝連覇を果たすことができました!

思えば、第5世代の最後のオフはボタン押し間違えるとかいう糞プレミやらかしたりと散々な結果を残して黒歴史になってしまっていたので、XY最後のオフは有終の美を飾れて本当に良かったです(´∀`)
ポケモンは勝てると楽しいのは当たり前ですが、対戦以外にもいつもの北陸勢と遊んだり、今回はじめましてな人とも交流できたり、謎ルール「サワムラー1:1」観戦や二次会などとても楽しかったです^^
富山オフは既に14回目を迎えており、とても素晴らしいオフに出来上がっていると思うので、僕の主催する福井オフもこんな感じに盛り上げていけたらいいなと思いました。


では、せっかく良い成績を残せたので、各ルール使用パーティーと簡単なレポートを残します。


■シングル■

f:id:bicho5296:20141103010927p:imagef:id:bicho5296:20140228235045p:imagef:id:bicho5296:20141103021440p:imagef:id:bicho5296:20131208214823p:imagef:id:bicho5296:20131208214824p:imagef:id:bicho5296:20131208214822p:image


ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
サーナイトトリック道連れ横取り守るトレース拘りスカーフ
サンダー10万ボルト熱風目覚めるパワー氷羽休めプレッシャーゴツゴツメット
キノガッサキノコの胞子気合パンチカウンター守るポイズンヒールレッドカード
ニャオニクス猫の手身代わり瞑想サイコキネシス悪戯食べ残し
バシャーモ跳び膝蹴りフレアドライブバトンタッチ守る加速命の珠
ガルーラ地球投げ岩雪崩地震身代わり早起き→親子愛ガルーラナイト

久しぶり、というかシングルをやるのはムーバー解禁後初めてで、いきなり難しいパーティーを組んでも上手く扱える自信がなかったので、やることの決まっているパーティーを使おうと思いました。
第3回あめおふ!で、ビーンさんが優勝した構築(http://d.hatena.ne.jp/knmcwgtb/20141013/1413199351
※原作者であるあおりさんの記事(http://d.hatena.ne.jp/aori_5/20141013
がとても面白そうだったので、これを使おうと思いました。

前回、僕が富山オフで優勝したのがニャオバシャガルーラの壁バトンパーティーだったので、そのときの参加者を騙しやすいのも高ポイント。
Twitterブログアプリで有名なはずなのでそのまま使っても知ってる人にはバレバレなので、少し変更してみました。
本家との変更点の1つは、フワライドサーナイトです。
サーナイト特性トレースによって相手の悪戯心を奪えるので、ボルトロスなどと対峙しても悪戯心ミラーになり、拘りスカーフによりこちらのほうが素早いので先手を取って拘りスカーフをトリックで押し付けられることに注目しました。
あとは単純にメガサーナイトがメジャーなので普通っぽく見えることを狙ったんですがどうなんでしょうね?
相手がメガサーナイトとして見てくれればハイパーボイスの貫通能力から苦手な身代わり持ちを選出しないでくれたら嬉しいなぁと。
配分は、Hをぶっぱし、Sをスカーフで最速ファイアローを抜けるようにして、残りをBに振ることで、補正有鉢巻ファイアローブレイブバード乱数上2つ以外耐えまで確保しました。
横取りと守るはまず使わないです。それ以外猫の手で選ばれない技がなかった。

もう1つは、クレセリア→サンダーです。
ニャオニクスの攻撃技がエスパーのみで、絶対に悪タイプを呼んではいけないのでできるだけエスパーは採用したくない、苦手なナットレイを呼ばない、味方のバシャーモとタイプ相性が良いことや、メガサーナイト入りのパーティーによく一緒に入っている気がしたので普通のスタンパっぽく見せることを狙って採用しました。
裏選出のガルーラバシャーモは飛行が一貫していて、ニャオニクスバシャーモファイアローを確実に呼ぶようになっているので飛行耐性が心強かったです。
配分は控えめでHにぶっぱし、Bをマリルリの太鼓アクアジェット耐えを確保、残りCにして、技はサイクルを回せないのでボルトチェンジではなく10万ボルトにしました。


予選はキャナさん以外には猫の手選出で勝利。
VSキャナさんは、選出画面でウルガモスがラム蝶舞とかしてきそうだったから初手サーナイトでスカーフトリック決めて勝った気になっていたら、虫のさざめきが音技で身代わり貫通なことを忘れていて、意識高く起きて瞑想を積みきる前にさざめきを2発当てられ負けました。
いやぁ、普段ダブルしかやってなかったからハイパーボイスとバークアウトくらいしか頭になかったw

決勝トーナメント1回戦はあらめさんと戦い、相手のギルガルドが身代わりを覚えていて辛かったものの、持ち物が食べ残しではなかったので、バトルスイッチのタイミングを読んで瞑想積んだりとか攻撃したりの択ゲーを制して勝利。

準決勝では、がれきんさんのパーティーにはナットレイがいたにも関わらず、立ち回りに自信がなかったため裏選出で戦うことを躊躇い、ニャオバシャガルーラとかサンダー見て選出されないことを祈り猫の手選出をしたらナットレイが出てきて涙目。
最悪キノガッサで気合パンチチラつかせてカウンターで倒そうと思いましたが、ナットレイの技構成が電磁波身代わり宿木アイヘで、火力もしょぼくカウンターでダメージが入らなかったため詰み。
レッドカードを使う機会がなかったので、ガッサの持ち物を毒々玉にしておけばよかったかなと思いましたが、相手の当たり運の問題だからしょうがないですね。
というか、相手の選出がボルトメタモンナットだったから、サンダー出してれば威張り殺されない限りまず勝てたからすごい後悔しましたw
(サンダーは麻痺しないし、メタモンにコピーされても10万ボルトで半分削れず、PPとプレッシャーの関係で羽休め3回すれば詰む)

そして、3位決定戦では再びキャナさんと当たり、前の対戦でさざめきの身代わり貫通を勉強したので裏選出で戦い、普通に回して勝利。
優勝は逃したものの、3位という好成績でした。




■ダブル■

f:id:bicho5296:20141103010929p:imagef:id:bicho5296:20141103010930p:imagef:id:bicho5296:20141103021439p:imagef:id:bicho5296:20141103010928p:imagef:id:bicho5296:20141103010925p:imagef:id:bicho5296:20141103010931p:image

※解説は長いので別記事に分けました(http://d.hatena.ne.jp/bicho5296/20141104/1415109609


予選はDブロックで8人中2人が抜けという仕組み。

vs青ペンさん
ニョロトノ キングドラ ライボルト ファイアロー (ナットレイ カポエラー
ボルトロス ガルーラ モロバレル ランドロス

相手も†王道を往く†雨パーティー。キングドラフェアリーの影響で減ったが、こちらのパーティーには入っていないので厳しい。
1度はライボルト電磁波を受けられCupを許すもバレルを盾に強気に電磁波撒いていって勝ち。
ランドロス捨てのつもりのターンでキングドラが痺れたおかげでとても楽になりました。


vsたまごさん
ニャオニクス サーナイト ファイアロー ローブシン (ミロカロス サンダー)
ボルトロス ガルーラ モロバレル ランドロス

ニャオニクスが厄介なので初手にボルトロスを置き、ガルーラが苦手なポケモンローブシンくらいで先発率の低いポケモンなのでガルーラを添える。
初手はガルーラの猫警戒でサーナイトは守る可能性が高く、もしハイパーボイスを撃たれてもそれほど被害はないのでニャオニクスに挑発グロパン集中し、予想通りに動いてくれて爆アド。
ニャオニクスは引っ込むしかなく、10万ボルトが一貫しているためニクス方向に10万撃つとファイアローが出落ち。
サーナイトを殴ろうとして勝ちを確信するも、同速負けでアンコールされグロパンで縛られる。
ローブシンが出てきたので仕方なくA+4メガガルーラを引っ込めモロバレルで受け、あとは回して勝ち。


vsおわころさん
エルフーン テラキオン ニンフィア エンテイ (ギャラドス サンダー)
ボルトロス ゲッコウガ ガルーラ エンテイ

エルテラであり、他の選出をされてもそれほど不利になる要素も感じなかったので先発ボルトゲッコウガ
初手は追い風されてもヤンキー叩き雪崩されても問題ないようエルフーン電磁波テラキオンにハイポンを撃つも、テラキ守るエルフーン神秘で失敗。
次ターン、ボルトロスが必要ないのでガルーラに引っ込めて、ゲッコウガはもう1度ハイポン撃つも外してエルフ追い風テラキインファ→ゲッコウガでピンチ。
ゲッコウガが生き残ったのが不幸中の幸いで、相手は雪崩を撃つしかないはずなのでゲッコウガ守るガルーラグロパン→テラキで足掻くとハイポンの代わりに雪崩が外れてテラキを赤まで削りA2up。
不意打ちでA+4テラキを処理し、後続を残りで安全に処理して勝ち。


vsいもん!くん
クロバット ガルーラ モロバレル サザンドラ (ヒードラン ニンフィア
ボルトロス ガルーラ エンテイ ランドロス

今年のWCSジュニア世界5位。オフ前にMahさんに宣言された通り、僕のクロバ軸追い風噴火ドランのファイアローモロバレルにしたもの。
これにより、悪戯心などの耐性や、アローガルーラミラーが不利になる代わりに、苦手なマリルリや、万一トリルを許してしまった場合も戦えそうな感じになっている。
ほぼ間違いなく初手クロバットガルーラで、それ以外でも対応できるので先発はボルトガルーラ
こちらのガルーラの攻撃を上手くゴツメバレルで受けられて潰されるも、ボルトロスの挑発でクロバットを黙らせてやりたいようにはさせず、最終的にエンテイランドロスで〆て勝ち。


vsサイマルさん
エルフーン ボルトロス ゲンガー ピクシー (リザードン サワムラー
ボルトロス ゲッコウガ エンテイ ガルーラ

あっ(察し)多分ユラニキのいばみが極悪パーティーだと思うんですけど(名推理)
サワムラーは癒し枠らしいです()
悪戯ボルトロスピクシーが出るまで大切に温存するよう立ち回る指針を立てる。
後発でもいいかと思ったが、メガゲンガーにロックされても困るので一応先発に。
初手はボルトロス方向にエルフーンから挑発か威張るが飛んでくるので、エンテイで受けながらゲッコウガは冷凍ビームでボルトロスを攻撃。耐えられたのでSは遅いものと判定。
とにかく下手な場で死に出しされるのを防ぐため、エンテイをもう1度ボルトロスに交替したりして時間を稼ぎながらゲッコウガで戦う。
上手いことボルトロスを温存しながら残り挑発かかったエルフーンを残してゲンガーを倒し、ピクシーを出させるが、そのターンでエルフーンムーンフォースが急所に当たりこちらのボルトロスが落ちる。
かなり不安ではあるが、挑発のかかったエルフーンは解けるまで無視しても問題ないのでエンテイガルーラピクシーに集中し、2回避けられるも積みきる前に倒して勝ち。


vsくろかみさん
ガルーラ モロバレル ヒードラン ランドロス (サザンドラ マリルリ
ボルトロス モロバレル ガルーラ ランドロス

終始先に相手の出鼻を挫くような完璧な立ち回りをしたと思ったが、ヒードランにA+1グロウパンチ10万ボルトの集中を耐えられ、その後もランドロスの雪崩両外しで崩れてなんか負けてしまったショックで記憶が飛びました。
あとから考えてみれば、相手のランドロスを処理してこちらボルトロスガルーラ相手残りヒードランモロバレルガルーラになった時点でさっさとランドロスを出して地震を一貫させれば良かったなと後悔。


vsロアルドさん
クレセリア ランドロス ガルーラ マリルリ (ヒードラン ギルガルド
ボルトロス モロバレル ガルーラ エンテイ

初手ガルーラマリルリが最も面倒で、初手からモロバレル出したとしても相手の有効打のヒードランが初手からは出てくる可能性が低いのでこの選出。
まずは、モロバレルが動きやすい場面ですが、最悪トリルからゴーグル噴火ドランで受けが考えられなくもないので意味は薄そうだが挑発とランドロスに胞子。雪崩とサイキネを受けるがランドロスを眠らせる。
あとはバレルを引っ込めて再生力を上手く使いながらランドロスにめざ氷撃ったり麻痺まいたりしてたら挑発が解けたあとにトリルされたので、モロバレルでしっかり上とって勝ち。


予選6-1で1位通過でした。


決勝トナメ1回戦
vsキャナさん
プテラ ウルガモス ユキノオー ミロカロス (キリキザン サワムラー
ボルトロス ガルーラ エンテイ ランドロス

相手のパーティーにミロカロスキリキザンがいるのでとてもランドロスを先発には出せない。
初手はウルガモスがラムの可能性が高そうなのと、もし舞われてもチョッキエンテイで処理できるので、その弊害となるメガプテラのSを落とすため電磁波を撃つが、メガガルーラメガプテラにフリーフォールで連れ去られる。
電磁波でSを落としてしまったため、ガルーラは2ターン続けて行動できなかったが、おかげでC+1珠熱風を受けずに済む。ボルト側はエンテイで受ける。
あとはなんやかんや(曖昧)してたらこちら満タンランドロスと4分の1くらいのA+1ガルーラ、相手麻痺満タンスカーフノオーと満タンC+2ミロカロスという状況に。
ミロカロスの配分とオボン持ち次第でガルーラの恩返しを耐えられる可能性もあり、馬鹿力→ノオーか雪崩かで迷ってたら時間なくなって結局雪崩と恩返しに。
雪崩をミロカロスに避けられるが、ミロカロスは結局ガルーラの恩返しで瀕死。
ユキノオーはまひるみ糞ゲーで動かず、なんとか勝利。
マイナーなポケモンばかりですが、ウルガモスが非常に動きやすい良いパーティーだと思いました。


準決勝
vsもぴーさん
ランドロス ニンフィア ゲンガー ヒードラン (レパルダス ライコウ
ボルトロス ランドロス エンテイ ガルーラ

これ見て輪唱なんて読めるわけねぇだろwwwwww
初手スカーフランドロスの輪唱でこちらのランドロスが死ぬ。
2ターン目、ガルーラを出して、拘っているのが分かっているから普通はランドロス引っ込めたりニンフィア守ると思って、アドを取り替えそうと動かしたら、こちらのヤンキープレイに対し渾身のゴリラプレイでもう1度輪唱されガルーラが死ぬ。

もぴー「びちょさんなら負けん気ボルトロスはないと思った」
もぴー「びちょさんならここで動かすと思った」

そんなの知らん(泣)

2対4になり、いやもう3人に勝てるわけないだろ!って感じでしたが、馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前!の精神でボルトロス電磁波入れて要所で痺れさせ、チョッキエンテイがしぶとく生き残ってくれたおかげで見事全抜きして勝利。運が良かったw

3位決定戦の様子を見ていましたが、スカーフランドロスニンフィアの輪唱はまず読まれず決まりやすいですが、その後のターンの返しが難しいように見受けられました。
僕との対戦のときは素晴らしいゴリラプレイを決められましたが、やはりそこでの相手の行動次第というのが安定しないのでしょう。
それでも、非常に面白い戦略だと思い関心しました。



決勝
vsピヨ蔵さん
ボルトロス エンテイ ガルーラ ランドロス (ニンフィア モロバレル
ガルーラ ゲッコウガ モロバレル ランドロス

5匹ミラー。よく見るスタン系統で(人のこと言えない)ゲッコウガが刺さっている。
ゲッコウガにとってまずい存在がニンフィアくらいなのでカバーするためガルーラを初手に持っていく。
相手の初手は負けん気ボルトロスエンテイだったので、エンテイに猫+ボルトロスに冷凍ビームにしろ、ボルトロスに猫+エンテイにハイポンにしろボルトロスが動けるわけがないと判断
エンテイはHぶっぱチョッキでゲッコウガの珠ハイポンを耐えてかつ、ガルーラグロウパンチ2回と合わせると全て最低乱数近くを引かない限り落ちるという丁度良い耐久をしているので集中。
あとでれいさんにリスク高すぎて信じられないとかつっこまれましたが、万一動かれたとしても珠馬鹿力じゃガルーラを落とせる可能性は37%、運が良ければ耐えるし、相手側も落とせる可能性が低いのに無理に動かすリスクに対してリターンが割に合わない。
ボルトロスが鉢巻の可能性も少しありますが、パーティーメンバーと、隣が守る所持率の低いエンテイであることから判断しました。
これ系統の理論について、詳しく語ろうとすると1つ記事が書けてしまいそうですが、僕は限りなく低い可能性に怯えて安全択をとり続けるよりも、あり得ないと判断した可能性は捨ててアドを取りに行ったほうが最終的に勝率は高くなると思います。
全国ダブルは使えるポケモンも多く、戦略が多種多様なところから完全に安全な行動というものは少なく、また相手も上手い人が多い。ランダムマッチで相手が低レートであったり、パーティー内容的に安全行動だけを取り続けても勝てそうなら無理しないで比較的安全な動きだけやっていれば良いと思いますが、オフ決勝などの場なら少しでもアドを稼げる行動を優先したほうが良いでしょう。
今回の場合でも、リスクは大きいようにも見えますがボルトロスの行動確率を掛け算みたいに考えると低いのに対し、決まればエンテイを処理&ガルーラがA+1〜2(乱数次第)といった勝負をほぼ決めれるアドバンテージが得られますし、僕はこの行動が最善だったと思います。

まぁここまで熱く語っておいて、ゲッコウガハイドロポンプ外したおかげでエンテイ倒せず地ならしでS関係逆転されたんですけどねw

しょうがないので、ボルトロスを不意打ちで倒し、エンテイがHAならまだゲッコウガのほうが速いのでハイドロポンプを再度打つが、エンテイに先に動かれ聖なる炎でガルーラが大きく削れしかも火傷に。
それでも無事ボルトロスエンテイを処理し、数では4対2と有利な状況に。
ゲッコウガを1度守らせ火傷したガルーラを捨てて、あとはランドロスモロバレルを回してきっちり残りのガルーラランドロスを処理して勝利。

1回戦、準決勝の代わりに決勝戦では運に恵まれませんでしたが、無事優勝することができました。
かなり気合を入れて取り組んだので、結果を残すことができてとても嬉しかったです。




■マルチ■

f:id:bicho5296:20131208214823p:imagef:id:bicho5296:20141103010924p:imagef:id:bicho5296:20131221233203p:imagef:id:bicho5296:20141103010926p:imagef:id:bicho5296:20141017152527p:imagef:id:bicho5296:20141103010932p:image

ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
ニャオニクス猫の手威張る神秘の守り守る悪戯メンタルハーブ
ドーブルダークホールこの指止まれフェイントスケッチマイペース気合の襷
メタモン変身   変わり者拘りスカーフ
バンギラス岩雪崩噛み砕く龍の舞い守る砂起こしバンギラスナイト
ボーマンダ流星群大文字追い風守る威嚇命の珠
ギルガルドシャドーボール身代わりワイドガードキングシールドバトルスイッチ食べ残し

ドーブルのスケッチは変身か守るか悩んでたら覚えさせるの忘れて当日を迎えてしまい、時間なかったのでそのままでしたw

シングルで猫の手パーティーを考えていたら、ふとマルチでは猫の手がどういう仕様なのか気になり、調べてみたら相方の技は出ないようなのでマルチで猫の手ダークホールを使ってみたい(ゲス顔)ということで作成。
これをやるのが1番楽しみでしたw

ペアはランダムなのか主催の独断で決めたのかよく知りませんが、なんとるりとニキ♂と組めることに。
パーティーを説明して、適当に殴れるポケモン選出して好き勝手やってくれと攻めを丸投げして、初手ニャオニクスガルーラからダークホールいば神秘で昏睡レイプという糞ゲーをやってました。
対戦中の発言も、やっていることもとても汚かったです(歓喜)

マルチバトルは最初からトーナメント形式で、1、2回戦、準決勝はダークホールを殆ど当て汚い会話をしながら楽しいポケモンバトル()をして楽々勝利。
づみさんピヨ蔵さんの女性ペアに対して猫の手ダークホール連発は流石にぐう畜だったなと猛省。
いや、悪いなと思ってしまうあたり僕は害悪パーティーを使うのは向いていないのかもしれませんね。やるからには徹底的にやらないと()

なお、ペアの連携ですが、るりとニキのガブリアスが巻き込み地震しまくったり、神秘切れてるのを忘れて味方に威張り自傷で潰したりとカオスだった模様。
ニャオニクスとA↑5マリルリ(太鼓したあとに威嚇受けた)が並んだ状況で、既に勝ち確定だったので、
びちょ「しょうがねぇなぁ立たせてやるか(マリルリに威張ってA↑6)」
るりと「せんぱぁい!まずいですよ!たぶん神秘切れてると思うんですけど(名推理)」
びちょ「ファ!?」
マリルリ、A↑6で自傷して死亡(デデドン)

という流れが1日で最も面白かったです(小並)

決勝戦では、サイマルさんいもん!くんペアで、ダークホールを2体に当てるも相手メガゲンガーが最速起きでニャオニクスシャドーボール1発で吹き飛ばされ、その後もドーブルメタモンで頑張るも1歩届かず敗退。準優勝でした。
何気に、僕はこれまで「決勝戦」では8回中8回勝っていて勝率100%だったのですが、初めて負けてしまいました。
これからは、「ダブル」決勝勝率100%を自慢にしていきたいと思います()

2014-10-22

第4回福井オフ 告知

2014年12月21日(日)に福井県福井市アオッサにて、ポケモン対戦会「第4回ポケモン福井オフ」を開催します。
オメガルビーアルファサファイア発売から丁度1カ月後になります。
1カ月で新メガシンカなど使いたいポケモンを見つけて、対戦会で新たな相棒と優勝目指して頑張りましょう!
前回はWCS前につき、カロスダブルのみでしたが、今回はシングル、ダブル両方やろうと考えてます。参加者数が多くなりすぎたらちょっとスケジュールを上手く組まないと難しいかもですね(^_^;)
あと、今回は会場の関係で日曜になってしまい、次の日学校とかお仕事がしんどいため、二次会は行いませんのでご了承ください。その代わりといってはなんですが、0次会としてカツ丼オフやるので興味ある方はどうぞw



●主催
 びちょ
 

●日時
 2014/12/21(日)
 14〜21時予定
 

 〜大まかな流れ〜

○一次会(カツ丼オフ)

 11:20 アオッサ1F集合
 11:30 ヨーロッパ軒でカツ丼食べる
 12:45 アオッサへ移動

※時間に遅れたら先に行きます。あとからヨーロッパ軒に直接来てもらっても良いですし、諦めてポケモンオフから参加してくださっても構いません。

○二次会(ポケモンオフ)

 13:00 開場
 13:15 受付開始
 13:45 開会式、自己紹介
 14:00 シングル予選
 16:00 シングル決勝トーナメント
 17:15 ダブル予選
 19:15 ダブル決勝トーナメント
 20:30 閉会式
 20:45 解散

 ※参加人数によってタイムスケジュールは変更する可能性があります。
 ※富山方面への普通電車の終電に間に合わせるため、これよりもう少し早く進めたいと思っております。


●場所
 福井県福井市アオッサ6F福井市地域交流プラザ研修室603
 URL http://www.aossa.jp/
 
 ※福井駅から見える建物です。徒歩1分程度。
  駐車場はアオッサ地下に30分100円、一日最大1000円であります。
  その他、駅前にもいくつか駐車場がありますが、福井駅からすぐなので電車をオススメします。


●参加費
 500円
 ※全て会場費など経費の割り勘、賞品代に回します。


●定員
 36人

 
●持ち物
 ニンテンドー3DS系列
 ポケットモンスターオメガルビーアルファサファイアROM
 筆記用具


●対戦ルール
オメガルビーアルファサファイアでのシーズン1ランダムマッチレーティングのルールに則り、シングルバトル、ダブルバトルを行います。
・一部の伝説・幻のポケモンを除いたポケモンが使用できます。
・レベル1〜100までのポケモンを3〜6匹(バトルルールによって異なる)、バトルボックスもしくは手持ちに入れて対戦します。
・レベル51以上のポケモンは、自動的にレベル50になります。

【使用できないポケモン
ミュウツーミュウルギアホウオウセレビィカイオーガグラードンレックウザジラーチデオキシスディアルガパルキアギラティナフィオネマナフィダークライシェイミアルセウスビクティニレシラムゼクロムキュレムケルディオメロエッタゲノセクトゼルネアスイベルタルジガルデディアンシー


※現在のレーティングバトルでは {『ポケットモンスター X・Y』または 『ポケットモンスター オメガルビーアルファサファイア』の通常のプレイで捕まえたり、タマゴから生まれたり、ゲーム内で入手したポケモン、および『ポケットモンスター X・Y』『ポケットモンスター オメガルビーアルファサファイア』に公式にプレゼントされたポケモンだけです。 } となっておりますが、この印である五角形マーク(通称カロスマーク?)を全て確認することは面倒なので、当オフでは2014/12/20まででXY, ORASで入手可能なポケモン特性、技構成であればポケムーバーを使って過去作から輸送したポケモンも直接使っても構いません。ただし、ルール上何が可能で何が不可能かは自分でしっかり調べておいてください。対戦中に実現不可能な個体であることが発覚した場合は失格とします。ただ入っているボールに関しては判断が難しく、ボールによって有利不利が変わるポケモンもいない(と思う)のでなんでもいいです。

f:id:bicho5296:20140329003133j:image
五角形マーク(XY, ORAS産である証)


※使用可能、不可能なポケモンの例

○色めざ氷(31-2-30-31-31-31)ボルトロス
f:id:bicho5296:20141130215531j:image:w360
アルファサファイアで極低確率とはいえ入手できる可能性があるので使用可能。

×負けん気(隠れ特性ボルトロス
f:id:bicho5296:20141130215545j:image:w360
XY,ORASでは現在隠れ特性ボルトロスは入手できないので使用不可。

×めざ飛(30-2-30-30-30-31)ボルトロス
f:id:bicho5296:20141130220038j:image:w360
アルファサファイアで捕まえられるボルトロスは3V固定であるため、S31めざめるパワー飛行は実現不可能なため使用不可。
(31-31-31-30-30-30)なら使用できるようなので、最速、準速以外は有りにします。めざ闘は多分どう足掻いても無理です。
誤解を招きやすいので対戦で使った場合はちゃんと相手に説明してあげてください。

×神速を覚えたエンテイ
f:id:bicho5296:20141130215619j:image:w360
神速は4世代配布限定の特別な技であり、ORASで捕まえられるエンテイは覚えることができないので使用不可。



■対戦毎にパーティ(ポケモン・フォルム・技・持ち物)の変更は出来ません。
ポケモン・持ち物については重複禁止となっており、「こころのしずく」は、使用禁止。
■かくれ特性夢特性)については、オフ会の前日までに解禁された物のみ、使用可能。
■対戦中にメモ等は取っても構いませんが、第三者による対戦者へのアドバイス等は禁止。
スマートフォンアプリ・電卓などを用いてダメージ計算を行うことについては
 必ず対戦相手の方にその旨を伝え、合意を得た上で円滑に行うよう心掛ける。


 対戦形式は、まず複数の予選ブロックにわけ、成績優秀者が決勝トーナメントに進めます。
 ブロック数と、抜ける人数に関しては参加人数次第となりますので当日発表します。
 予選に関して、同じブロックで勝ち数が同じ場合は、参加申請順になります。
 早く申請していただけると運営の方針が立てやすいので、ご協力ください。


●賞品
シングル、ダブルの合計成績上位者には賞品を予定しております。
目玉賞品として、ドミナさんからオリジナルの切り絵を作成していただけます。

f:id:bicho5296:20141022231032j:image

※絵柄は当日のお楽しみです。
 ドミナさんの都合によりなくなる場合もあります。

ほか、参加費−経費の余りが出そうなら何か買ってきます。
賞品の提供も大歓迎です。


●注意事項、禁止事項
 1.オフ会の進行を著しく妨げるような行為、苦情が出る程の騒音を立てることは禁止とします。
 2.威張られてもリアルインファイトしないでください。
 3.対戦中のリアクションは大いに結構ですが、相手の戦略を大声で暴露すること、
  決勝トーナメントで他の方の対戦を観戦中に能力値、技の暴露や助言することを禁止します。
  盛り上がることは良いことですし、ついつい喋ってしまいがちなことなので、
  多少は仕方ないことだと思いますが、あまりに酷い場合はペナルティを与えます。
 4.上記の行為が逸脱したと判断された場合、主催側より退室して頂く場合がございます。
 5.オフ会で貴重品の紛失が発生しているため、
  貴重品の管理は各自しっかり行ってください。オフ側は責任を取れません。
 6.事前連絡なく遅刻した場合、多少の遅れならば対戦に参加できますが、ほかの試合が
  全て終わっているにも関わらず遅れた人だけ未消化試合がある場合は
  残りの試合を不戦敗とします。
 7.改造ツール等によって不正なデータのある3DS・ソフトでの参加を禁止します。
  正規プレイで入手出来ないポケモンを使用した場合、その時点で失格とします。
  その場で判断することは不可能ですが、通常プレイで可能なポケモンでも
  改造ツール等によって得られた個体は使用しないでください。
  また、出処不明なGTS産などに関しては自己責任で事前にしっかり確認してください。
 8.ゴミは各自お持ち帰りください。
 9.予選中は対戦消化を最優先としてください。
10.会場で起こったトラブルについて主催は一切の責任を負うことが出来ません。



●カツ丼オフについて
 会場のアオッサから徒歩5分程度のところにヨーロッパ軒という福井名物ソースカツ丼のお店があるので、オフ前にそこへ行きます。
 第5回北陸オフで出前で頼んだアレと同じです。出前頼むとゴミ処理面倒だから直接行きます。
 希望者は申請欄に書いて、当日11時20分にアオッサ1階(エスカレーター横の広場)に集合してください。
 締め切りました!

 ●食事会ルール
  願掛けのカツ丼を食べます
 ・注文選択時間: 300秒
 ・1食の制限時間:60分

 ■注文後に注文の変更は出来ません。
 ■注文については重複可能となっており、「こころのしずく」は、使用禁止。
 ■食事中にメモ等は取っても構いませんが、シャーペン消しゴム等を使うことは禁止。
 ■食事中のスマートフォンアプリ・カメラなどを用いて写真撮影行うことについては
  必ず参加者及び店員の方にその旨を伝え、合意を得た上で円滑に行うよう心掛ける。
 ■オフ進行を妨げる露骨なTOD狙いは自重してください。二次会(ポケモンオフ)に間に合わなくなります。
 ■順位?によって賞品や支払いの罰ゲームなどそのようなものはありません。
 ■会計が込み合うといけないので小銭は多めに持ってきてください。




●参加申請
 以下のテンプレを利用し、この記事にコメントお願いします。
 時間の都合で早く帰らなければいけない、到着が遅れる場合はシングルのみ、ダブルのみの申請も可能です。
 初対面の人でも交流しやすいよう、名札を作成予定ですが、ほかのオフなどで既に名札を
 持っている方は、一言のほうに名札ありますとお願いします。
 代理申請も可能です。
 名札にはTwitterアカウントを持っている方はアイコン画像を貼る予定です。
 アカウントを持っていない方も何か希望がありましたら一言のほうにお願いします。
 キャンセルについては前日まで承るのでお気軽に(´∀`)


  [ハンドルネーム]
  [注意事項・禁止事項は読みましたか?]

  [twittermixiskypeなどの連絡取れる手段(任意)]
  [その他一言]

【記入例】
  [ハンドルネーム] びちょ
  [注意事項・禁止事項は読みましたか?] はい
  [カツ丼オフ] ○ 
  [twitter] @bicho_5296
  [その他一言] 今度こそ切り絵手に入れます(血涙)


今後、福井オフについて何か新しい情報があるときは
こちらのTwitterアカウントで呟きますので、是非フォローお願いします。
何か質問があるときもこちらに。
びちょ@bicho_5296

もしこの記事にコメント出来ない等といった場合はびちょのTwitterアカウントへのリプでもおkです。
ただし、気づかないことも有り得ますので出来るだけ記事にコメントお願いします。


参加者リスト

No.HNカツ丼備考
1びちょ主催
2ドミナスタッフ
3すたみスタッフ
4サイマル 
5べこ 
6こーへー 
7Yak 
8ふき× 
9こばっち× 
10つかもち 
11ふくい×ダブルから
12はるも 
13やきそばぱん 
14いづみん
-せれそん見学
15ピンク
16おわころ
17りょうキャンセル
18カワゴエ
19みどり×
20クロム×
21ナナシングルのみ
22りん
23きゅーぴー×
24AS×
25とるそん×
26マキノ×
27EX
28シュガ
29トゥー
30ティナ×シングルのみ
31たかさそ

2014-10-17

[ホウエンダブル] ニコニコマッチ使用構築

公式インターネット大会「ホウエンポケモン ニコニコマッチ」に参加しました。
ルールは、ホウエン地方ポケモン(100匹くらい)のみ使用可能で、本来禁止伝説であるグラードンカイオーガレックウザもどれか1匹のみ使用可能という珍しい制限ルールでした。
告知からの期間が短く、前の週に大正義オフという大きなイベントもあり、全然考察できず、適当なパーティーで行ったら弱すぎて勝てなかったので、大会期間中に新しいパーティーを作り、最終日の夜だけで頑張ってみたらとりあえずレート1805で12位という結果になりました。
元々参加人数が少なかったようで、特に短い時間で一気に潜ったものですから同じ人と再戦が多く、だんだんわけのわからない一点読みみたいなことを多くされてカオスな環境だったので、もっと早い段階でパーティーを確立して参加していればなと少し後悔しました(-_-)


■メインロム使用パーティー■

f:id:bicho5296:20141017152630j:image

[概要]
初めに適当に組んだサブパーティーで数戦潜った結果、禁止伝説はレックウザが頭一つ抜けて強いと思いました。(やる前から気付くべきだった)
というのも、カイオーガ入りのパーティーでもなくても殆どのパーティーにカイオーガ、ついでにグラードンメタとしてルンパッパが採用されていて、グラカイはこいつ1匹にかなり動きを制限されてしまうため使い辛いからです。
他のポケモンルンパッパを相手にするにしろ、このルールで安定して雨ルンパッパを狩れる一般ポケモンはかなり少なかったと思います。
その点、レックウザ特性エアロックでルンパッパのすいすいを無効化し、珠VジェネレートでH振ったくらいのルンパッパなら吹っ飛ばすことができるため優秀でした。
Vジェネレートの威力は凄まじく、ルンパッパに限らず多くの炎等倍のポケモンを一撃で倒すことができますし、これまた対処が困難なメガクチートも威嚇込でも一撃で処理できるのが非常に便利でした。

相方には、定番ですがレックウザを上から処理してくる相手のドラゴンに強いメガサーナイトを採用。
あとは最強のカイオーガレックウザ1匹では見れないのでメタとしてルンパッパ
レックウザルンパッパがいれば大抵のカイオーガパーティーは見ることができるので、あとはレックウザミラーで優位に立てるようS操作が欲しかったので、レックウザを上から縛れて追い風ができるボーマンダ
相手のサーナイトフェアリーを受けて迅速に処理するためにメタグロスを入れて、大体完成しました。
この5匹でパーティーとしてはまとまった形になっているので、最後にハリテサマヨールのような典型的トリパに対して出せるようヤミラミを加えました。

パーティーの基本的な動きとしては、初手でボーマンダで追い風を貼って優位な状況を作りメガサーナイトハイパーボイスで相手を削り、最後にレックウザメタグロスの神速&バレットパンチという強力な先制技で削れた相手を掃除する、といった立ち回りを目指します。
特にレックウザの珠神速は並みの耐久の相手を半分近く削る火力があるので、ハイパーボイスで削ったあとに出すと多くの範囲を縛れて強かったです。

選出は25秒しかないので大体次のような機械選出をします。

カイオーガorグラードン
f:id:bicho5296:20141017152533p:imagef:id:bicho5296:20141017152531p:imagef:id:bicho5296:20141017152530p:imagef:id:bicho5296:20141017152535p:image
or
f:id:bicho5296:20141017152535p:imagef:id:bicho5296:20141017152531p:imagef:id:bicho5296:20141017152530p:imagef:id:bicho5296:20141017152534p:image


レックウザ
f:id:bicho5296:20141017152533p:imagef:id:bicho5296:20141017152531p:imagef:id:bicho5296:20141017152535p:imagef:id:bicho5296:20141017152534p:image
or
f:id:bicho5296:20141017152533p:imagef:id:bicho5296:20141017152534p:imagef:id:bicho5296:20141017152535p:imagef:id:bicho5296:20141017152531p:image


対トリル
f:id:bicho5296:20141017152532p:imagef:id:bicho5296:20141017152531p:imagef:id:bicho5296:20141017152535p:imagef:id:bicho5296:20141017152530p:image


[個別解説]

レックウザ
f:id:bicho5296:20141017152529p:image
95-103-58-87-52-83

構築のエース。対処の難しいポケモンをVジェネレートで吹っ飛ばしたり、最後に神速で掃除するのが主な仕事。
流星群よりVジェネレート、神速をメインに使いたいので努力値はASぶっぱ。性格は絶対に最速で使いたいのでむじゃき(しか持っていない)
持ち物は気合の襷も強いですが、珠の火力がないと足りないことも多く、そもそも伝説枠に襷というのが気に入らないので命の珠。
Vジェネレート外しだけは勘弁してほしい。


サーナイト
f:id:bicho5296:20141017152525p:image
86-x-45-102-80-85 (メガ後)

タイプ面でレックウザと相性が良く、エアロックで天候無効にしてしまえば充分オーガルンパとも打ち合えるスペックがある。
各種伝説やミラーでできるだけ先制したいため最速必須。
Cは無振りラティオスレックウザハイパーボイスで一撃で落とせるところまで振って残りを耐久に回してカイオーガの雨潮吹き(=無天候メガネ潮吹き)を耐えるようにしました。
技構成はミラーで強く、トリパも見れるように封印を採用。
守るを封じるのも地味に強いですし、相手サーナイトハイパーボイスを封じれればレックウザが倒されなくなったり、ルンパッパが身代わり貫通攻撃されなくなったりと良いこといっぱいでした。


ルンパッパ
f:id:bicho5296:20141017152524p:image
98-x-62-58-69-49

グラードンカイオーガに滅法強いポケモン
こちらから雨にして殴ることもなく、とにかく場持ちを優先させたかったため、やどみが型で採用。
配分は少なくともヌケニンに勝てるようにしたかった(選出を歪められたくないためルンパでも倒せるようにしたい)ため、ヌケニンのシザークロスを耐えるようBに厚くし、せっかくだからメガクチートのじゃれつくを耐えるところまで振りました。
残りの数値をSに振っても控えめなら抜けるものの臆病スカーフカイオーガをすいすいで抜けなかったため、それなら持ち物判断できたほうがいいかとSは捨てて、性格を穏やかにしました。
それでも、味方のメタグロスと並んだときに先に身代わりを貼れれば身代わりが鉢巻地震を耐えるため、グロス+1になるようにはしました。
やどみががかなりしぶとく、スイッチトリパ相手にトリルを許しても時間を稼ぐことができ、状況次第でクチートも誤魔化せるのでかなり強かったです。


ボーマンダ
f:id:bicho5296:20141017152527p:image
91-x-53-83-53-85

レックウザミラーにおいて、レックウザを上から縛れるポケモンが欲しく、更にS操作ができるととても楽になることから採用しました。
同じことができるポケモンとして、ラティオスラティアスがいますが、レックウザは襷の可能性も高く、純粋に縛るだけでなくVジェネレートの火力を落とすため威嚇がとても有用だと思ったためにボーマンダです。
レックウザのVジェネレートだけでなく、珠orメガバシャーモメガサーナイトを一撃で倒す火力を持っているため、こいつらのAを下げて横のポケモンを動かしやすくできることがとても役立ちました。
あとはメガクチートにまぁまぁ強い点もラティオスにはない点ですね。
持ち物は相手のラティやスカーフ冷凍ビームの前でも動かせるよう気合の襷。
炎技は大文字+ハイパーボイスクチートを倒すため命中に目をつむって大文字。
ホウエンダブルでの先発はとても安定感がありました。


メタグロス
f:id:bicho5296:20141017152528p:image
98-105-78-x-58-48

主にサーナイトの攻撃を受けれる鋼タイプは必須でした。
持ち物無しでも充分な火力がありますが、鉢巻を持たせることによってHぶっぱメガサーナイトを高乱数1発(環境的にほぼ臆病最速で、Cも少しは振るはずだから実質確定1発)で行動させずに落とせます。
レックウザ系のスタンミラーでは後ろからメタグロスバシャーモが出てくることが多かったので拘り地震が刺さりました。もしサーナイトに突っ張られても地震2発で倒せるので余裕があります。
配分に関しては上述の通りバレパンでサーナイトを倒したかったのでHAになりましたが、グロスミラーが多かったことと、追い風を生かすためもう少しSを上げても良かったです。
あとは何故か素早いクチートが多く、バレパンを選んでいるのに上から不意打ちされたりしました。
メタグロスをスカーフで使ってくる相手もチラホラいて、レックウザサーナイトの初手にかなり強いのでいいなと思いました(小並)


ヤミラミ
f:id:bicho5296:20141017152526p:image
83-50-51-x-67-37

ガッチガチなトリパなど特定の相手にしか出さないピンポイントな1枚。
技は基本的なもので、持ち物ですが、ヤミラミミラーなどする気はないし挑発を受けることはないのでメンハはパス。
トリル始動役のサーナイトムーンフォースや、クチートのじゃれつくを鬼火込みで耐えるためにロゼルの実を持たせました。
選出したのは3戦程度ですが、ロゼルも発動したし、思ったようにかき乱してくれたのでまぁ良かったんじゃないですかね?




おまけ

■サブロム使用パーティー■
f:id:bicho5296:20141017152631j:image

構築時
メガクチートめっちゃ強いからスイッチトリル組もう
・相手のクチート楽に処理できる鉄球グラードン入れよう
テレパシーサーナイトグラードンの苦手なボーマンダとかも倒してくれて強そう
・強そうなラティオスを上から落とすダーテング強くね?
・手助け叩き落とすで輝石サマヨール倒せるじゃん強い
・メガネラティオス手助け込みでなんでも落とせる強そう
キノガッサとりあえず強い


結果
・スイッチトリルは強かった
・晴れダーテングは強かった
カイオーガ入りにグラードンが場にいる状態で敵倒すと負けにつながる
グラードンが伝説の癖に火力弱い
カイオーガメタについでに倒されるグラードン
ヤミラミサマヨール鬼火で機能停止するグラードン
PGLのKP12位にすら入らないグラードン


とても弱かったです。

2014-09-15

[全国ダブル] クロバット軸追い風噴火

第5回ポケモン北陸オフで使用しました。
結果は予選6-0で1位通過でしたが、決勝トーナメント1回戦で雪崩に怯まされて負けました。
サザンドラの性格は臆病にするか控えめにするか迷っていたところなので、臆病にしておけばこんな事故起きなかったのにと後悔しました(´・ω・)

コンセプトは5世代で大好きだった追い風噴火ドランを今回も使ってみたいなーといったところ。
http://d.hatena.ne.jp/bicho5296/20130709/1373385883

バトルレジェンドで霧払いをきっかけに使ったクロバットが予想以上に強かったので、こいつを軸に組むことにしました。


f:id:bicho5296:20131221233205p:imagef:id:bicho5296:20131208214822p:imagef:id:bicho5296:20140915112141p:imagef:id:bicho5296:20140915112140p:imagef:id:bicho5296:20140622233747p:imagef:id:bicho5296:20131209002507p:image



ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
クロバット追い風怒りの前歯日本晴れ挑発精神力オボンの実
ガルーラ猫騙捨て身タックルけたぐり冷凍パンチ精神力→親子愛ガルーラナイト
ヒードラン噴火大文字大地の力目覚めるパワー氷貰い火拘りスカーフ
ニンフィアハイパーボイスサイコショックシャドーボール目覚めるパワー地フェアリースキン拘り眼鏡
サザンドラ流星群悪の波動大地の力守る浮遊命の珠
ファイアローブレイブバード鬼火追い風ファストガード疾風の翼気合の襷

[概要]

噴火ヒードランを生かすには、S操作するのが1番有効であり、今回のヒードランはS個体値が31であるため追い風を使うのは必然でした。
ここで追い風を使うポケモンですが、現環境ではガルーラを筆頭にルンパッパゴウカザル猫騙しを持つポケモンが多く、1ターン目に追い風を起動するのが難しく感じました。
そこで、特性が精神力で怯まないクロバットの出番です。
追い風だけでなく、怯まずに挑発を撃てるので猫トリルにも1体で回答になれて、追い風構築の課題となるトリパにも強いです。

クロバットを初手に出すことで、殆ど追い風を決めることができるので、隣は1ターン目に守っているだけでも良い気もしますが、クロバットも追い風したあとでやりたいことも多いので、隣は猫騙しによるサポートに加え追い風のあと強力なアタッカーとなれるガルーラを基本としました。

f:id:bicho5296:20140725231443p:imagef:id:bicho5296:20140725231444p:image

この並びだと、相手に猫騙し持ちがいた場合は確実にガルーラに猫が飛んでくるため、ガルーラ特性は精神力に。
メガシンカせずに猫を持たないほうに猫騙しをすることによって、クロバットがダメージを受けずに追い風を決められるので莫大なアドバンテージが得られます。
また、隣がクロバットという怯まないポケモンであるので、ガルーラミラーで相手のガルーラ猫騙しをすることが正当化されます。
普通ガルーラミラーでガルーラ猫騙しを撃つことは、相手ガルーラに先に隣のポケモン猫騙しをされることで、相手のポケモンだけが動くということがおこりリスクが大きいため良くない動きとされますが、このように隣に飛んでくる心配がない場合は相手のガルーラを1ターン動かさずに追い風をすることで、次のターンに確実に先手をとって潰すことが可能になります。
ガルーラミラーで、相手はクロバットに猫が打てない分ガルーラ猫騙しをしてくることもありますが、素早さで負けたところでクロバットで追い風できます。
相手ガルーラの隣がスカーフの可能性が高くクロバットを一撃で倒せるポケモンなど動かしたらまずい場合は、メガシンカせずに隣に猫安定です。相手が猫をうってくれたらアドですし、いきなりけたぐりで殴ってきてもメガシンカ前のガルーラは体重が軽く威力80なので耐えることはできます。


初手は基本的にはこの2匹でしっかり場を作ります。
悪戯心や、クロバガルーラでは不利だと思われる相手には、アローガルーラ選出。
メガゲンガーや、威嚇などでガルーラが厳しいと思われる相手にはクロバサザン選出で、追い風守るから入ります。

そして、追い風をしたあとにガルーラクロバットが倒されても畳み掛けるように攻撃すべく、噴火ヒードランを中心に以下の3匹が暴れまわります。

f:id:bicho5296:20140915112143p:imagef:id:bicho5296:20140915112142p:imagef:id:bicho5296:20140622233750p:image

炎+フェアリーの攻撃範囲は広く、噴火ハイパーボイスという高火力の全体技を好き放題にぶっぱできます。
この攻撃範囲で厳しいポケモンには大抵サザンドラの攻撃が通ります。ワイドガードを使うポケモンで最も多いと思われるギルガルドも簡単に処理できますね。

このように、動きの殆どが作業と全体技で構成されていて、大抵の場合は5秒以内に行動が決まるのでものすごく簡単なパーティーです。
カロスの時に愛用していたメガフシギバナ系のスタンパーティーとは真逆の位置にありますねw



[個別解説]

f:id:bicho5296:20140725231443p:imageクロバット
191-x-102-x-100-200
Crobat @ Sitrus Berry
Ability: Inner Focus
Level: 50
EVs: 244 HP / 12 Def / 252 Spe
Jolly Nature

  • Tailwind
  • Super Fang
  • Sunny Day
  • Taunt

持たせたい役割が多く、技を決めていったら攻撃技が入らなかったのでHSぶっぱ。
Hをぶっぱすると16nぴったしになってしまってなんか損した気分になるのでBに振り分けました。
特性の精神力は猫騙しだけでなく、現環境で多いスカーフランドロスの岩雪崩で怯まずに仕事できるのでとても便利です。

基本は追い風から入って、そのあとは怒りの前歯で削ることでサポートします。
メガガルーラとの集中攻撃は威嚇が入っていても殆どのポケモンは耐えられません。
また、後発の全体攻撃とも相性が良く、噴火ハイパーボイス両方が、怒りの前歯と合わせることにより相手のメガガルーラ、すなわち殆どの等倍ポケモンを倒すことができます。

日本晴れは、ヒードラン噴火を強化することが1番の目的ですが、水耐性の薄いパーティーなので、対雨パにはすごく刺さるため重宝します。
相手のニョロトノが出てくるタイミングで日本晴れが決まると、最近はキングドラよりもルンパッパが多いため雨パ相手でも噴火で押し切ることができます。

攻撃技がないので、使う上では出来るだけ技を4つ見せない立ち回りが中々重要です。


f:id:bicho5296:20140725231444p:imageガルーラ
191-193-120-x-120-143
Kangaskhan @ Kangaskhanite
Ability: Inner Focus
Level: 50
Shiny: Yes
EVs: 84 HP / 244 Atk / 180 Spe
Adamant Nature

  • Fake Out
  • Double-Edge
  • Low Kick
  • Ice Punch

追い風が前提のパーティーであるため、素早さよりも火力が欲しいので性格は意地っ張り。
素早さは最低雨パのエース相手には追い風下で先制したいのでそれ以上は必須。HPを効率の良い191まで伸ばして余りを振ったら143だったので、丁度意地っ張りドリュウズや最速ヒードランより速いSになりました。
技は、守るも欲しいところですが、クロバットを確実に生かしたり動きやすくするための猫騙し。
今回のガルーラは使い捨て感覚なのでメイン技は捨て身タックル。
ガルーラミラーやヒードランに有効なけたぐりまでがすんなり決まって、ラストはよく霊獣ランドロスが出されることや、ガブリアスを迅速に処理したり、低耐久飛行ポケモン相手に捨て身を打たなくて済むよう冷凍パンチを採用しました。


f:id:bicho5296:20140915112143p:imageヒードラン
167-x-126-200-126-116
Heatran @ Choice Scarf
Ability: Flash Fire
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 SpA / 252 Spe
Quiet Nature

  • Eruption
  • Fire Blast
  • Earth Power
  • Hidden Power [Ice]

パーティーのエース。性格が冷静固定で素早さが足りないのでCSぶっぱ。
それでも追い風下で陽気スカーフランドロスより遅く不安が残ったり、パーティーの性質上受けることができず、追い風が切れたあとの相手のメガガルーラがゲロ重かったので拘りスカーフを持たせて補完しました。
スカーフを持たせても自然にクロバットより遅いので連携には全く支障がなく、こちらのガルーラよりも速いことで先に噴火が撃てるため、相手を削ったあとに捨て身タックルが出て反動ダメージを少しでも減らしたりとか良い要素は多かったです。

技に関しては9割以上噴火しかしませんが、ワイドガード持ちや、体力が削れたあとに交替して2回目に出すときに役に立つ大文字。
また、ヒードランミラーで使う大地の力。(一度噴火を見せたあとだと冷静だとわれるので相手の非噴火ヒードランを潰しやすいかも)
あとはせっかくガブリアスに先制とれるのと、持っていた個体がめざ氷だったから目覚めるパワーにしました。
炎のジュエルこそなくなってしまいましたが、やはり晴れ噴火の威力は強力です。


f:id:bicho5296:20140915112142p:imageニンフィア
175-x-101-166-150-103
Sylveon @ Choice Specs
Ability: Pixilate
Level: 50
Shiny: Yes
EVs: 36 HP / 124 Def / 168 SpA / 180 Spe
Modest Nature

  • Hyper Voice
  • Psyshock
  • Shadow Ball
  • Hidden Power [Ground]

ヒードランの攻撃範囲を補完する第2のエース。Cを出来るだけ高くしつつ、素早さは追い風下でメガライボルト抜き。ここまで上げておくことで追い風無しでもニョロトノなどSに努力値をあまり振らない70〜80族に先制したりします。
物理耐久に不安が残るため、せめてファイアローの鉢巻ブレイブバードを高乱数で耐えるくらいには振りました。

ヒードラン噴火と同じく9割以上ハイパーボイスしかしません。
クロバットが素で速いため、輪唱なんかも面白いかなと思いましたが、ハイパーボイスに眼鏡の火力が欲しかったのと、そもそもクロバットに技スペースがないためやめました。


f:id:bicho5296:20140622233750p:imageサザンドラ
168-x-110-194-110-150
Hydreigon @ Life Orb
Ability: Levitate
Level: 50
Shiny: Yes
EVs: 4 HP / 4 Def / 244 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Modest Nature

  • Draco Meteor
  • Dark Pulse
  • Earth Power
  • Protect

持ち物が珠で、とにかく殴ることが仕事なのでCSぶっぱ。性格は、サザンドラが出てくる場面は大抵最後になりがちで、追い風が切れることを想定して最初は臆病にしていたのですが、臆病珠だとトリックルームをするゴーストタイプにミリ耐えされることが多かったのでなんとなく火力を優先して臆病にしました。北陸オフはそのせいで非スカーフランドロスに岩雪崩で怯まされて負けました(´;ω;`)

技は流星群、悪の波動、守るは確定で、炎技はヒードランがいるので必要性が薄く、相手のヒードランを一撃で倒したり、炎+フェアリーの通らない炎タイプに抜群とれる大地の力を採用しました。


f:id:bicho5296:20140725231448p:imageファイアロー
154-133-91-x-89-195
Talonflame @ Focus Sash
Ability: Gale Wings
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe
Jolly Nature

  • Brave Bird
  • Will-O-Wisp
  • Tailwind
  • Quick Guard

クロバットが厳しい相手に対して出す追い風起動役。たまに後発で掃除として使うこともあります。
追い風以外にも鬼火をまいたり、悪戯心相手にファストガードで味方を守ったりしたい場面が多く、1発は耐えてほしかったため襷を持たせました。
ほかに耐久を振ってゴツメを持たせて使用したりもしましたが、エルフーンなど相手にそこそこ火力のあるブレイブバードは必須であったことや、耐久振っても耐えられない攻撃が多かったためAS襷にしました。
ファイアローは死に際に追い風するタイミングがつかみやすいのが長所です。

ファイアロー鬼火は強力で、ミラーが糞なアローガルーラ対面などでガルーラに打ちやすく非常に便利です。
テスト大会の構築の記事で書きましたが、相手も同じ型でない限りは有利に立ち回れます。

また、クロバットの代わりにファイアローを選出すると日本晴れを使うポケモンがいなくなってしまいますが、味方ヒードラン鬼火を撃つことで貰い火を発動させ、晴れと同等に噴火を強化することができるので中々イケメンでした。



オフで結果を残せなかったのが残念ですが、思考停止で速攻で対戦を消化できる良いパーティーが作れたと思うので、来年のWCS予選などの参考になればと思います。
次はもうちょっとじっくり戦う高種族値なパーティーが作りたいですが、今の全国ダブルは火力がインフレしすぎて中々厳しいですねwまぁ頑張りたいと思います。
ここまで読んでくれた方々ありがとうございました。