Hatena::ブログ(Diary)

くるみ割りの魔女結界

2017-02-27

[WCS2017] 壁展開コケコライチュウ


f:id:bicho5296:20170115201551p:imagef:id:bicho5296:20170226211605p:imagef:id:bicho5296:20131208214748p:imagef:id:bicho5296:20160904200308p:imagef:id:bicho5296:20140622233746p:imagef:id:bicho5296:20160904200309p:image

ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
カプ・コケコ自然の怒り挑発リフレクター光の壁エレキメイカー光の粘土
ライチュウR10万ボルトサイコショック目覚めるパワー氷ボルトチェンジサーフテール拘り眼鏡
ガブリアスドラゴンクロー地震剣の舞守る鮫肌ジメンZ
ウインディ火炎放射バークアウト鬼火守る威嚇イアの実
ギャラドス滝登り氷の牙龍の舞守る威嚇命の珠
カビゴン恩返し十万馬力のろいリサイクル食いしん坊フィラの実

■概要■
前回の構築「ぴかちる仁王立ちエンド(アローラのすがた)http://d.hatena.ne.jp/bicho5296/20170115/1484485974」では、1手で両方の壁を貼ることができるキュウコンRを採用していましたが、それを天候書き換えによって邪魔するギガイアスの増加や、そもそもキュウコンより速いポケモン、スカーフ持ち、先制技などの集中で初手でキュウコンが縛られている状況が増えて活躍し辛くなりました。
そこで、SMシーズン1のシングルで「カプ・コケコが壁を貼って裏の積みエースを展開する」といった構築を見かけたのを思い出し、ダブルでも使えないかと考えました。

当初はスカーフガブリアスに弱すぎると思っていたのですが、カプ・コケコはHP努力値を振るだけでAに補正のかかっていないガブリアス地震までは確定で耐える程度の耐久は確保されていて、素早さ種族値130の速さもあり、1枚ずつとはいえかなり安定して壁を貼ることができます。
そして行動の安定感はともかく、カプ・コケコは特性エレキメイカーのフィールド効果も相まってとても火力の高いポケモンであり、昨今では拘り眼鏡やデンキZを持って強力な一撃を繰り出してくることが多いです。
相手からするとまずこれらを警戒しなければいけないので、電気の通るポケモンを対面させてしまった場合に守る、交替といった行動を強いられます。
そういった受け身の行動をとられると無償で壁を展開することができ、初手からアドバンテージを稼ぎやすいです。

この壁コケコをスタートとして、展開する積みエースを順に採用していきました。
まずはカビゴン強靭な耐久力と回復技を持ち、壁と最も相性の良いポケモンと言えるでしょう。
のろいカビゴンが1匹いるだけでトリックルームを軸とする構築に強くなれ、対策の薄い相手にはイージーウィンを狙いやすいです。

次に、カビゴンが苦手とするベトベトンRやウインディに強く、2段階上昇で崩し速度の速いガブリアス
ガブリアスはこのルールの最メジャーポケモンであるため火力の調整先になっていることが多く、壁によって確定数をズラせるため本来動かし辛い場面でも強引に積みにいったり、タイマンで勝てる範囲が広がるなど壁の恩恵は大きいです。
自分でエレキフィールドを貼って電気の威力を高めてしまうため、電気の一貫を切る意味でもやはり必要です。

ここで、コケコがスカーフガブリアス地震を耐えられるとはいえかなり行動が制限されてしまうことや、自分のガブリアスが積んだところで地震を撃ち辛いと旨味が少ないので、浮いていて決定力となるポケモンがほしくなります。
最初はテッカグヤを採用し、このルールで最もよく見られるであろう並びのカプ・コケコ+ガブリアステッカグヤを形成していたのですが、テッカグヤは受けることができても処理速度が遅いため味方に負担を与えやすく、そのまま隣を攻撃され続けたり、敵ガブリアスが逃げていくターンにアドバンテージを稼ぎ辛いことが課題でした。
そこで、威嚇を持ち、ガブリアスを一撃で処理する攻撃手段と積み技を持つギャラドスを採用しました。

ギャラドスは初期には多くのプレイヤーが扱っていたものの、相方のガラガラRの減少に伴い環境トップの使用率を誇るカプ・コケコに簡単に倒されてしまうことや、同じ威嚇枠としてウインディが殆どの構築に採用されるなどの要因から昨今ではあまり見なくなりました。
しかし、龍の舞を積むことでカプ・コケコの上をとることができ、強化アイテム補正込みで逆に倒すことが可能になります。
自分のコケコが相手のガブリアスを誘いやすく、ガブリアス地震を撃つためには相手のコケコは守るか退く必要があるため積むチャンスは作りやすいです。

ここまでで基本的な戦術、勝ちに向かう流れが決まったので、残りは耐性面の補完を整えつつエースを立てるサポートを優先しました。

まず、氷やフェアリーに耐性を持ち、威嚇、鬼火、バークアウトと相手の決定力を削ぐことに長けているウインディが入ります。
構築の動きとマッチしていて、これまでに選択したポケモンとの相性補完も綺麗だったため迷わず採用でした。

最後の1枠はかなり悩みましたが、見た目と違いコケコに電気打点がないため水タイプに対する打点不足(特に数値が高く技が豊富なカプ・レヒレや、威嚇2枚とバークアウトを多用するためミロカロスが重い)を解消することと、HPに振ったコケコを上から一撃で落としてくるスカーフウツロイドなどを倒せるポケモンが必要でした。
まず流行りのスカーフカミツルギを試してみたのですが自分の肌に合わず、よく考えてみると雨ゴルダックに好き放題させてしまうことが判明したので却下に。
せっかくほぼ全ての試合でカプ・コケコ先発が固定となっているので、サーフテールで他の天候ポケモンやスカーフ持ちを全て抜き去るライチュウRを採用し、コケコライチュウの形に落ち着きました。
構築名は「コケコライチュウ」ですが、実はライチュウは最後に入ってきた補完となっております。
採用理由は補完であり、実際コケコライチュウの初手を出すことは全体の3割程度ですが、相手から見るとコケコライチュウの高い素早さからの電気技は高圧的で、選出を歪ませることが期待できます。


■選出・立ち回り■
基本的にカプ・コケコ先発がほぼ固定です。「隣にライチュウや威嚇を置いても初手で行動前に倒され、尚且つ倒された後も積みアタッカーの起点すら作れない」みたいな場合や、マッチ戦で一点読みで裏を書こうとでもしない限りは出します。

f:id:bicho5296:20170115201556p:imagef:id:bicho5296:20170226211604p:imageカプ・コケコ+ライチュウ
相手にエレキ以外のフィールド要因がいないときや、いても電気の通りが良い相手に積極的に出します。
コケコを脅かすスカーフの可能性のあるポケモンに対しては弱点の攻撃をしかけ、それ以外は守るや無効タイプの交替出しがなさそうな方向にボルトチェンジを撃ち、積みアタッカーを出しながら壁を貼り、試合の流れを組み立てていきます。

f:id:bicho5296:20170115201556p:imagef:id:bicho5296:20160904200311p:imageカプ・コケコ+ウインディ
最も場を作ることに長けた並び。主にカプ・テテフ入りや、トリックルーム系統に出すことが多いです。
威嚇、壁、鬼火、バークアウトを生かしてとにかく相手の決定力を削ぎ落し、どちらかが倒れたところから積みエースを展開して攻めに転じます。
地面抜群2匹の並びなので、後ろからギャラドスを投げる動きが非常に強いです。

f:id:bicho5296:20170115201556p:imagef:id:bicho5296:20140331025806p:imageカプ・コケコ+ガブリアス
最近は数が減りましたが、ガラガラR入りに対してや、素早くベトベトンRなどカビゴンの苦手ポケモンを処理して詰ませに行くパターンなどで出します。
WCS2017ルールで頻繁に見る並びなので、ガブリアスのスカーフを警戒したりなどで相手が受け身になりやすく、初手でアドバンテージを稼ぎやすいです。

カプ・コケコ+ギャラドスは相性が良さそうに見えて、初手に出して敵コケコと対面してしまうと電気技とマジカルシャインどちらが飛んでくるか分からない択になったり、ギャラドスが相手からも威嚇を貰ってしまいやすいためあまりしません。
カビゴンも初手で出したところで瞬発的な火力がなく劣勢になりやすいため、どうしても早くのろいを積み始めたい場合くらいしか出しません。


立ち回りは殆どやることが決まっているため迷う余地は少ないです。
エースとサポートをするポケモンでキッチリ分かれていますが、今回の構築のように決定力が複数いる場合、
誰か1匹が積みに成功すると、その1匹が相手ポケモンを強く牽制して隣がフリーになりやすいのでその間に積むといった「エースでエースをサポートする」という動きが強いので積極的に狙いましょう(例:剣の舞を積んだガブリアス地震を撃ちながら隣でギャラドスが竜の舞を積む)。


■個別解説■
f:id:bicho5296:20170115201556p:imageカプ・コケコ
177-x-105-x-96-200
・A182ガブリアスのダブルダメージ地震確定耐え
・A182ガブリアス地震Zを威嚇+リフレクターで高乱数耐え
・最速
壁を確実に貼ることが仕事なのでHS。
構築にS操作がないことや、カビゴンの積みを阻止しようと挑発や鬼火をかけてくる相手が多いのでそれらをS200から挑発で防ぎます。
壁役にありがちな、壁を貼っている間に悠長に積まれるなどを許しません。
攻撃技は火力に振らずとも全ての相手に大ダメージが期待できる自然の怒りを採用。
安定したダメージソースですが、少し残った相手にとどめをさせないことが大問題で、4つの技が相手に割れてしまうと弱いので注意です。
他にも素直な攻撃技としての10万ボルトボルトチェンジ、フリーフォールなど持たせたい技が多く、本当にスペックの高いポケモンだと感じました。


f:id:bicho5296:20170226211604p:imageライチュウR
136-x-71-160-106-162
10万ボルトでH175D151カプ・レヒレ乱数1発(50%)
サイコショックウツロイドハリテヤマを変態型でない限り確定1発
・目覚めるパワー氷でH184-D119までのガブリアスが確定1発
ドレディアカプ・テテフなど最速95族抜き
最初はアロライZで採用していましたが、猫騙しを撃たずに初手からZぶっぱしてすぐ死ぬみたいな展開が多く勿体なく感じたことと、ギャラドス不在時にガブリアスを倒せる駒が欲しかったので拘り眼鏡に。ボルトチェンジが強い。
エレキフィールド以外でガブリアスと対面した場合、スカーフが怖くてどの道動けないのでサーフテール前提で考え性格は控えめに。
ガブリアスに関しては、様々な型が存在するため初対面時から積極的に目覚めるパワーは撃ちたくないですが、他との兼ね合いでギャラドスを選出できずにガブリアスを受け辛いときに少しでも倒せる確率を高くしました。
他にも乱数とはいえカプ・レヒレを一撃で倒せる可能性があり、少し耐久値を削っていれば確定になりますし、ウインディのバークアウトと合わせて倒したりなどが期待できます。
素早さに補正をかけずとも最速95族を抜けるため、天候エースの上をとることや、先発でカプ・テテフにフィールドを奪われようが先にボルトチェンジで逃げるなり行動できます。
エスパー技は、サイコキネシスだとコケコの障害となるウツロイドや、カビゴンの天敵のチョッキハリテヤマを落とせないためサイコショックにしました。


f:id:bicho5296:20140331025806p:imageガブリアス
185-160-116-x-126-169
・BDカプ・コケコと並べた時に相手のダウンロードはAが上がる
ガブリアス確定1発調整の攻撃耐え(カプ・テテフムーンフォース、様々な冷凍ビームなど)
・最速
調整に関しては構築のプロトタイプの頃は初手にコケコと出すことが頻繁にあったのでその名残です。
攻撃を落としていますが、剣の舞を積むのでそれほど問題なく、壁込みで安定した耐久があったほうが使いやすいためこのままに。
地面技を撃ち分けられないガブリアスは弱いと思っているので持ち物は当然のジメンZです。
サブの攻撃技として、範囲をとるなら岩雪崩ですが、命中90の不安やワイドガード持ちに手が出なくなることを嫌いドラゴンクローにしました。
本ルールのドラゴンクローはイマイチ感がありますが、敵ガブリアスを倒す有効な手段でもあるため、この構築においては丸いと思っています。


f:id:bicho5296:20160904200311p:imageウインディ
196-x-101-121-101-161
・最速
長く居座ってもらうことと、相手のカプ・テテフより先にバークアウトが撃てるかどうかがかなり大きいため最速HS。
カプ・コケコと並びを共にすることが多いのでDに振ってダウンロード対策も視野でしたが、物理面の耐久を落としたくないことと、ポリゴン2程度なら火力を上げられたところで光の壁とバークアウトでどうにでもなるため軽視しました。
カビゴンミラーでは絶対に火傷を入れたかったり、カミツルギに対してはこちらのエースが全員不利気味なので大切に扱いたいためチョッキなどは持たさずに守るを覚えさせました。
持ち物は場持ちを良くするために回復系アイテムを持たせることは確定だったのですが、オボン、イア(半回復木の実)、食べ残しで非常に悩みました。
それぞれの特徴として、
★オボンの実:最安定アイテム。殆どの場合発動して、4分の1回復。集中攻撃で一気に落としにくる相手に強い。
★イアの実:発動条件が厳しいが、2分の1回復は大きい。立ち回り次第だが、上手く使えれば最も強い。
★食べ残し:回復量の期待値は オボン≦食べ残し≦イア 程度。こまめに回復して確実に耐久が伸びるが、強い集中攻撃ですぐに落ちる。持ち物がすぐバレる。
といった感じですが、本構築では壁、威嚇、鬼火、バークアウトで相手の火力を調整しやすく、上手い具合に4分の1に持っていきやすいためイアの実を採用しました。


f:id:bicho5296:20140622233748p:imageギャラドス
179-177-100-x-121-136
・A+1珠滝登りでH146B105カプ・コケコを確定1発
・珠滝登りでH197B101ウインディを確定1発
・珠氷の牙でH197-B116までのガブリアスを確定1発
・S+1で準速フェローチェ抜き
概要でも述べた通り、珠を持つことで龍の舞からカプ・コケコを倒せるようになるだけでなく、舞わずに動かす時や、舞った後威嚇を受けた場合も倒したい相手を倒せます。
素早さの調整に関して、136〜146の間と、その1.5倍の間に特に仮想敵が思いつかなかったため、微妙に足りない耐久を補おうと余りをHPに回しました。
しかし、ウインディのS調整がかなり幅広く、ワイルドボルト持ちに対して先手をとれるかは重要なため、最速にしておいても良いかもしれません。
最速にしたところで、ウインディのほうが素早さ種族値が高く、結局不安は付きまとうので、舞う前に対面してしまった場合は一旦守って様子を見たいところです。
ワイルドボルトを持っていて素早さに自信があるなら撃ってくるでしょうし、ないなら多分引くでしょう。
A+1珠滝登りは、H204B124テッカグヤも食べ残し2回込でも余裕で削りきれるほどのダメージを与えられるので、スタンダートなカプ・コケコ+ガブリアステッカグヤウインディ系統には積めると強いです。


f:id:bicho5296:20160904200312p:imageカビゴン
254-142-108-x-155-31
・H16n-2
・A+1十万馬力でH146B105カプ・コケコを確定1発
・最遅
カビゴンの攻撃と耐久のバランスですが、特防に全く振らないと普通にカプ系のフィールド込みの火力でモリモリ削られてしまうため、ある程度は確保したいと考えています。
反対に、攻撃も無振りだと火力が出るのが遅く、相手に負担をかけられない間に周りのポケモンが倒れてしまいます。
最初に耐久ぶっぱでしばらく使用してみたところ、+1十万馬力でギリギリカプ・コケコを落とせなかったことがかなり厳しく感じたので、ここまで確保して残りを耐久に割きました。
よくカビゴンは防御に252振るところから入ると聞きますが、のろいカビゴンにおいてはそこまでする必要はなく、寧ろ特防を高めたいです。
BとDの調整先は特にありません。感覚です。このポケモンは様々な技を被弾し、何かを1発耐えたところで1ターンでどうにかするものでもないので耐久調整はほぼ生きないと思います。
素早さは対トリルでのろい1回でコータスギガイアスの下をとりたさがありますが、のろいカビゴンミラーで先手をとれることも大事なので理想を言えば最遅+1でしょうか。
3体のエースポケモンの中でも抜群の安定感を誇るので、余程苦手なポケモンで固められていない限りは選出します。


■総評■
急所に当たらなければ抜群の安定感を誇ります。急所に当たらなければ


カビゴンはしょうがないとして、ガブリアスギャラドスは被弾回数も少ないからそんなに当たらないと思うんですけどね。

バトルロードグロリア2017北陸予選、第10回北陸オフ4位
負け試合は1戦を除き急所か氷でした(´・ω・`)

2017-01-15

[WCS2017] ぴかちる仁王立ちエンド(アローラの姿)

※身内ネタで申し訳ありませんが「ぴかちる」はカビゴンのことです。詳しくは福井オフに来てください(宣伝)

f:id:bicho5296:20160904200309p:imagef:id:bicho5296:20170115201550p:imagef:id:bicho5296:20160904200308p:imagef:id:bicho5296:20170115201554p:imagef:id:bicho5296:20170115201552p:imagef:id:bicho5296:20131208214748p:image


ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
カビゴン恩返し十万馬力のろいリサイクル食いしん坊フィラの実
キュウコンR吹雪フリーズドライオーロラベール守る雪降らし気合の襷
ウインディフレアドライブ神速ワイルドボルトインファイト威嚇拘り鉢巻
カプ・レヒレ熱湯濁流ムーンフォース吹雪ミストメイカー拘り眼鏡
カプ・テテフサイコキネシスムーンフォースマジカルシャイン挑発サイコメイカー拘りスカーフ
ガブリアス地震毒突き炎の牙守る鮫肌ジメンZ

■構築経緯■
WCS2017、所謂アローラダブルでは、土地神ポケモンを筆頭に強力な特殊攻撃とフェアリータイプの多い環境です。
それらに相性が悪いことや、そもそも強い格闘タイプのポケモンがアローラにおらず、パーティーの6匹の中に1匹も格闘タイプがいないことがよくあります。
そこで、特殊に対して滅法に強く、弱点が格闘のみのカビゴンに注目。
わりと似たような環境であった6世代の「シンオウダービー」ルールで、壁+のろいカビゴンがとても強かったので、当時の構築をアローラ風にカスタマイズしました。
http://d.hatena.ne.jp/bicho5296/20160904/1472997159

今作では「オーロラベール」という霰状態でのみ使用できる1つの技で両壁を貼れる技が追加されたので、壁貼り役にアローラキュウコンをチョイス。
キュウコンと相性が良く、特性ミストメイカーで他のフィールドを打ち消して火力を削ぐことができるカプ・レヒレ。
威嚇で相手の物理火力を落としながら強い決定力を持つウインディ
元々拘りアイテム持ちで採用されることが人気の2匹ですが、今回も壁構築で不足しがちな決定力を補うために拘り持ちで採用です。
レヒレは癒しの波動ウインディ鬼火、バークアウトなどエースを立てるために有効な技を覚えますが、そんな悠長なことしてるとそのうち急所に当たって負けるのがオチでしょう。

ここまでの4匹で最も多い基本選出が決まり、残り2匹で自然な形で穴埋めできるポケモンを探すことに。
まず、環境トップのカプ・コケコに薄いので、もう1つのフィールド上書き要因としてカプ・テテフ
後出しからコケコを縛る動きがしたいので拘りスカーフを持たせた。
最後に電気の一貫を切りつつ、カビゴン障害となるウインディ、アローラベトベトンを上から一撃で落とすためにジメンZガブリアスが入りました。


■立ち回り■
最も多い形はこれ。
f:id:bicho5296:20170115201555p:imagef:id:bicho5296:20170115201559p:imagef:id:bicho5296:20160904200311p:imagef:id:bicho5296:20160904200312p:image
相手に霰以外の天候要因がおらず、キュウコンオーロラベールができそうなら大抵先発キュウコンです。
隣はカプ・レヒレが最も多いですが、相手によってガブリアスウインディもそれなりに出します。
オーロラベールを貼って拘り高火力で雑に殴り、頃合いを見てカビゴンを出してのろいを積んで突破されないようにしてしまえば勝ち。

相手に天候要因がいたりなどでキュウコンが先発に置き辛い場合は定番のレヒレウインディ
f:id:bicho5296:20170115201559p:imagef:id:bicho5296:20160904200311p:image
対晴れと対砂はオーロラベールと天候を諦めてそもそもキュウコンを選出しないということもありますが、対雨は天候上書きできないとキツイことが多いので裏にキュウコンがほぼ確定。
カビゴンオーロラベール無しで出して雑に扱っても普通に強いので、相手に打点が少ないなら出します。

対コケコライチュウは、上から殴られっぱなしになるのは辛いので後発にスカーフテテフを置いて切り返します。
f:id:bicho5296:20140331025806p:imagef:id:bicho5296:20170115201555p:imagef:id:bicho5296:20170115201557p:image
先発にガブリアスを置いておけば流石に無視は出来ずめざ氷やマジカルシャインを撃たざるを得なくなると思うので交替が容易です。
霰ダメージが入ればカプ・コケコが襷を持っていても潰せますし、キュウコンも動きやすいです。
再戦の場合は択になりますが、ガブリアス地震が通ってしまうとアドは大きいのでこちら有利な択でしょう。

対トリル、コンボ系(イーブイドーブルなど)には、サイコフィールドで猫騙しを無効化しつつ火力を押し付けられる並び
f:id:bicho5296:20170115201557p:imagef:id:bicho5296:20160904200311p:image
様々な構築で見られるテテフウインディの並びは、エスパーZ+特殊ウインディなども多く綺麗な並び。
テテフの横はガブリアスライジングランドオーバーを押し付けるのも良いです。


■個別解説■
f:id:bicho5296:20160904200312p:imageカビゴン@フィラの実
262-130-103-x-165-31

とにかく居座って詰めることが目的なので耐久にぶっぱ。HPは怒りの前歯を受けてフィラが発動するように偶数であることは必須。16n-2にしたかったが、254だとH<B+Dとなり効率が悪かったため、1つ上の8n-2である262。
性格か努力値を多くとられるが、Aを154まで上げてA+2十万馬力でアローラガラガラを落とすのも有り。しかしあいつはフレアドライブで勝手に削れていることが多いです。
Sは-1で最遅コータスギガイアスより遅くなるため最遅。
技は、安定した一致技である恩返し。今作はヘビーボンバーやZ技など強力な必中技が多く「小さくなる」をあまり見ない上、追加効果の麻痺がS半減となってしまったので、のしかかりの恩恵は薄いです。
サブには十万馬力。アローラガラガラギガイアスメタグロスなど恩返しの通らない相手に抜群で入り、相手の鉢巻ウインディに対してもBダウン込みで+1馬力の返しで倒せます。
命中95%やムウマージに打点がないなどの怖さがあるので噛み砕くと選択ですが、いろいろ考えて馬力派です。
回復手段にはリサイクル。眠るだと状態異常に強くなれて、この構築を考え出した当初にはやどみがテッカグヤトリトドンが流行っていたので楽にPP勝ちができるということに魅力を感じていたが、ミストフィールドで失敗するということに厚い脂肪カビゴンを育成してから気付いてボツに。
最初の1回は自動で回復し、次からも余裕のあるターンに事前に用意しておくことができるので安定感が素晴らしいです。
持ち物は半回復木の実ならどれでもいいんですが、万一トリックをされたときにトリック持ちのポケモンは特殊が多いので、混乱を狙えるフィラにしています。

f:id:bicho5296:20170115201555p:imageキュウコン(アローラの姿)
149-x-95-133-120-177

Cに振らないと火力がなさすぎるのでCSぶっぱ。
技に関しても完全なテンプレですが、主力技である吹雪と、採用理由であるオーロラベールは必須。
フリーズドライも環境に多いギャラドスペリッパートリトドンに刺さるだけではなく、ワイドガードを無視してガブリアスを叩いたり、天候が霰以外のときに命中100%として撃てる氷技としてほしくなる場面は多いです。
構築に中速ポケモンが多いので、守るを切って凍える風を入れる手もありますが、周りが拘りアイテム持ちばかりで守れないため、1ターンで両方倒されて裏を両方引き釣り出されるという展開をズラして防ぐためにも守るはやはり必要です。
持ち物は光の粘土も視野ですが、襷を持っていないと不意のスカーフで何も出来ずに倒されたりすると負けに直結します。同速のカミツルギ相手に強気で動かすためにも襷がないと困ります。
周りの火力が高いこともあり、カビゴンで積み始めるタイミングがかなり早めなので、5ターンでもそれほど少ないということはありません。

f:id:bicho5296:20160904200311p:imageウインディ
191-169-101-x-101-129

基本的に火力と安定した耐久がほしいのでHA基調。
ペリッパーは襷持ちもいますが、抜いてさえいればワイルドボルトでやられる前にやれますし、場に出た特性発動順でスカーフかどうかの判断もできるのでSは最速ペリッパー抜きに。
全ての技に撃ちたい相手がいるのでテンプレの4つになりました。
先発フレアドライブで削って最後に神速で〆る動きが熱い。
カプ・テテフと同時選出する場合に地に足がついているポケモンに神速を打たないように注意。

f:id:bicho5296:20170115201559p:imageカプ・レヒレ
175-x-136-161-151-107

H振りウインディを熱湯で落としたり、カプ・コケコをムーンフォース+霰ダメージで落としたりなどしたいのでCぶっぱ。
耐久も微妙なラインで、下手に調整しても自分から霰ダメージでズレてしまったりそもそもオーロラベールを貼ったりするのでとりあえず16n-1で最も高い175に。
Sは余った努力値を分けて念のため最速ガラガラを抜けるところまで上げました。
濁流は強力な技ですが命中不安で連発は負けに繋がるので、
・どうしても2匹に当てたい
・裏にトリトドンがいる可能性がある
・押されてて不利なので少しでもダメージレースで優位をとりたい
みたいな場面以外は熱湯を撃ちたいです。接地してる相手は火傷しませんが。
ムーンフォースは必須として、最後の吹雪は正直あまり撃たないのでマジカルシャインや、積み対策の黒い霧も視野です。
ミストフィールドはカビゴンを毒や火傷から守ることができるのでこの構築では馬鹿にならないくらい有用です。

f:id:bicho5296:20170115201557p:imageカプ・テテフ
146-x-96-181-136-161

スカーフで運用するので火力を求めて控えめも良いのですが、すぐ下にポリゴンZや、最速フェローチェがいたり、スカーフカプ・テテフミラーが考えられるので最速に。
Cに補正はかけなくても無振りカプ・コケコまでならサイコフィールドサイコキネシスで落とせます。
ガブリアスの上を取り一撃で落とすためのムーンフォース
最後の局面で削れた相手を一掃する動きも強いのでマジカルシャイン
残り1つの枠ですが、イーブイドーブルのようなコンボ系統を構築のどこかでメタっておく必要があるため、ほぼ猫騙し無効であるテテフに挑発を持たせました。
レヒレに黒い霧を持たせるのであれば、この枠は10万ボルトシャドーボールなどの攻撃技で良いでしょう。

f:id:bicho5296:20140331025806p:imageガブリアス
185-180-116-x-106-169

火力が必要なためAS。4倍ダメージの乱数がズレると耐えることがあるので一応HPを4n+1に振りました。
構築全員が浮いていないため素の地震はかなり撃ち辛いですが、ライジングランドオーバーはやはり強力。
サブ技は環境的に毒突きがほぼ必須。
カミツルギを倒したり、テッカグヤの身代わりを壊すために炎の牙。
ドラゴンクローは撃つ相手が少ない上、味方のミストフィールドで威力が半減してしまうため不必要です。
何気にミストフィールドの恩恵を受けて相手ボーマンダ流星群とかを普通に耐えるシナジーもあります。


■実績■
第9回石川オフWCS優勝

2016-09-04

[ORASシンオウダービー] ぴかちる仁王立ちエンド

公式インターネット大会のシンオウダービーが開催されてから1か月以上経ってしまいましたが、
私の主催する第8回ポケモン福井オフでこのルールの対戦会を行い準優勝したので、構築記事を書きたいと思います。

最近ついに本気を出すと噂のカビゴンですが、福井オフにも毎回ぴかちるさんという自他共に認めるカビゴンが参加してくださっているので、決勝戦まで行ってスクリーンに映したいなという意気込みで頑張りました。
f:id:bicho5296:20160904200314j:image:w300

f:id:bicho5296:20141227043750p:imagef:id:bicho5296:20160904200310p:imagef:id:bicho5296:20131209002422p:image
f:id:bicho5296:20160904200308p:imagef:id:bicho5296:20160904200309p:imagef:id:bicho5296:20140310230333p:image


ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
ライコウ10万ボルト目覚めるパワー氷リフレクター光の壁プレッシャー光の粘土
ラティオス流星群サイコショック10万ボルトトリック浮遊拘り眼鏡
トゲキッスエアスラッシュ火炎放射この指とまれ守る天の恵みラムの実
ウインディフレアドライブ神速インファイトワイルドボルト威嚇拘り鉢巻
カビゴンのしかかり炎のパンチ鈍い眠る厚い脂肪カゴの実
マリルリアクアジェットじゃれつく腹太鼓守る力持ちオボンの実

■概要■
シンオウダービーの環境〜
今回の特殊ルール「シンオウダービー」とは、図鑑No493までのポケモン(禁止伝説、カイリューバンギラスヒードランを除く)だけが参加でき、持ち物メガストーンを持たせることができないという、「ダイヤモンド・パール」環境を似せたルールです。
昨今ではポケモン世代が進む度に火力がインフレしているように思えますが、このルールではメガシンカ禁止ということで、第4世代や5世代のようなテンポのゲームが多く繰り広げられます。

世代で猛威を振るったメガガルーラを筆頭としたメガシンカポケモンボルトロスランドロスがいないので、過去に強かったポケモンが再び日の目を浴びたり、新要素と絡んで面白い動きをすることもあります。
また、メガストーンを持てないことや、悪技を半減させるタイプのポケモンが少ないということで、技「叩き落とす」の一貫性が非常に高いです。

何度か調整しながら他の方の構築を観察していると、メガシンカ無しで高火力を出すことができ、ファイアローや高火力不意打ちの心配がないためか晴れ、雨、霰の各種天候パが多いように思いました。
それに対し、トリックルームは少ないターンで決着をつけれる火力が不足しているためか、ガッツリしたトリパは少ない印象を受けました。
しかしながら、最初から高火力を出せる晴れ雨に裏でスイッチ展開を組み込んだものはかなりいました。


〜のろいカビゴンを軸とした構築〜
なんだかんだで調整する時間がなく構築に迷っていたところ、いつものユラさんから「のろいカビゴンが強い」という話を聞きました。

カビゴン特性厚い脂肪と耐久力と遅さで、晴れと霰とトリパのかなりの障害になります。
唯一の弱点である格闘も、このルールでは強い格闘ポケモンが少ないので安定して場に居座ることができます。
そこで鈍いを積んで火力と物理耐久を上げれば殆どのポケモンに勝てると考えました。

カビゴンを軸にじっくり戦いたいのでまず壁ライコウが入ります。
速さとそれなりの耐久で両壁を貼ることができ、雨やサンダーなど環境によくいるポケモンにも強いです。

そして壁構築の陥りやすい欠陥として、相手の崩し速度が遅くなりすぎることがあるので、カビゴンの苦手な格闘タイプをケアしながら瞬時に高火力を出せる眼鏡ラティオス、威嚇を撒きながらフレアドライブや神速ができる鉢巻ウインディを採用しました。
拘りアイテムを持ったポケモンを複数いれると守るが使えないため、構築全体が脆くなりやすいのですが、そこは壁で補えるので相性が良いです。

さらに、カビゴンの隣に置くだけでなく、懐かしのラティオストゲキッスの並びで攻撃を吸寄せながら眼鏡流星群を叩き込む動きが強そうだったのでトゲキッスを採用。

最後に、カビゴン単体エースだと心もとなく、せっかくサポートが充実しているため2枚目のエースとして太鼓マリルリを採用して完成です。


〜選出と立ち回り〜
基本的には先発は殆どライコウラティオスウインディの中から2体。たまに雨の取り巻き次第でラティオストゲキッスなど。
後発にカビゴンorマリルリトゲキッスウインディという形をとることが多いです。
レアケースで雨にマニューラが入っていたりすると、ウインディを出し辛いのでマリルリを太鼓無し運用したりなどします。

序盤は壁を貼って場を整えながら高火力をぶつけてできるだけカビゴン障害となりそうなポケモンを優先的に潰します。
先発はタイミングを見計らって犠牲にして死に出しカビゴンがベストですが、対雨だと滅びの歌が脅威だったり、カビゴンは受け性能も高いので安全に出せるタイミングがあったら積極的に交替で出します。

カビゴンが鈍いを積み始めたら、守るがないので、出来るだけ相手に格闘タイプなどを出される前に隣にトゲキッスを並べておくなど気を付けたいです。
だいたい2回積めればほぼ勝ちです。遅くて事故が怖いので眠るの使用はお早めに。
こういった壁構築の宿命で急所に弱いのはどうにもなりません。


■個別解説■

f:id:bicho5296:20141227045943p:imageライコウ
191-x-95-142-120-183
●配分
 最速を確保し、場持ちを良くさせるため16n-1までH振り。
 残りはマリルリの太鼓を防ぐためC振り(Hマリルリを高乱数で3/4削る。チョッキ持ちでも高乱数2発)

●技
10万ボルト:安定した攻撃技で撃つ相手は多い
・目覚めるパワー氷:ガブリアスに受けに回ると辛い構築のため。ライコウウインディの並びでも神速と合わせて倒せる。
リフレクター:構築全体の耐久サポート
・光の壁:同上

●持ち物
・光の粘土:長い試合が多くなるため3ターン延長は大きい。


f:id:bicho5296:20160904200313p:imageラティオス
155-x-101-182-130-178
●配分
 火力を出すためCSリフレクターや威嚇があればマニューラの叩き落とすも耐える。

●技
流星群:高火力の主力技。2発目でもガブリアスを倒せるのは美味しい。
サイコショック:安定技で、カビゴン障害となる格闘タイプを倒す。
10万ボルト:対マリルリや対雨などに。
・トリック:面倒なコンボパーティー崩し。

●持ち物
 拘り眼鏡:瞬時に火力を叩きだすため。守りは壁に任せる。


f:id:bicho5296:20150114184640p:imageトゲキッス
191-x-123-141-176-101
●配分
 全国ダブルのメガガルーラ捨て身耐えの流用だが、丁度壁込みで+2ハッサムバレットパンチを耐える程度。

●技
エアスラッシュ:主力技であり、6割で全体技であろうが味方を守れる。
・火炎放射:鋼タイプに対する打点。特にハッサムには隙を見せたくない。
この指とまれ:エースを守る。
・守る:吸寄せ技持ちは狙われやすいので、守るを持っていると使いやすい。

●持ち物
・ラムの実:構築のどこかで催眠対策をしたい。被弾回数が多く、技の追加効果による事故を防ぐため。


f:id:bicho5296:20160904200311p:imageウインディ
191-176-100-x-100-124
●配分
 Sが必要な場面があまり思い浮かばなかったので最速ユキノオー抜きを確保し、残りを火力と耐久へ。

●技
フレアドライブ:主力技。等倍以上なら凄く削れる。
・神速:マニューラなどの素早いポケモンの処理や、味方の僅かに足りない火力を補う。
インファイト:相手のカビゴンを大きく削るなど。
ワイルドボルト:水タイプ、主にマリルリに隙を見せない。

●持ち物
・拘り鉢巻:瞬時に火力を叩きだすため。サイクルを回す威嚇と相性が良い。


f:id:bicho5296:20160904200312p:imageカビゴン
255-130-117-x-157-31
●配分
 火力は鈍いで上げるので全て耐久に。Bに極振りしてHは16n-1残りD。性格は補正の恩恵が大きい生意気。

●技
・のしかかり:主力技。恩返しと比べやや威力が落ちるが、小さくなる対策や、麻痺を撒けてトゲキッスとの相性が良い。
・炎のパンチ:のしかかりの範囲を補う。ハッサムに隙を見せない。
・鈍い:2回積めれば大体勝ち。
・眠る:回復技は必須。よく飛びかかる鬼火などにも強い。

●持ち物
・カゴの実:眠るとセット。


f:id:bicho5296:20140331025803p:imageマリルリ
204-112-101--x-101-73
●配分
 いつもの太鼓マリルリ。Sラインはいたちごっこなのであまり気にしていない。
 
●技
アクアジェット:主力技。
・じゃれつく:叩き落とすとかなり悩んだが、積まないで運用するときにドラゴン悪格闘に打点がほしかった。
・腹太鼓:2枚目のエースであるための技。
・守る:積む前も後も狙われやすいポケモンなので。

●持ち物
・オボンの実:腹太鼓とセット。


■結果■
・第8回福井オフ準優勝
・公式シンオウダービーは実家の回線弱すぎ問題で無理。サン&ムーン発売までには再び一人暮らしします。

2016-07-25

第8回ポケモン福井オフ 告知

こんにちは!ポケモンGO楽しいですね!!
大勢で集まればもっと楽しいのでオフ会に参加しましょう!!!
遠方の方々もポケモン探すついでに恐竜博物館東尋坊、隣の石川県兼六園とかどうでしょう?

2016/9/3(土)に福井県福井市アオッサにて、第8回ポケモン福井オフを開催します。
今回はシングルバトルとダブルバトル両方をやりますが、ダブルバトルのほうは先日公式で行われた「シンオウダービー」ルールを採用します。
https://3ds.pokemon-gl.com/competitions/4054/regulation/?status=1

以前行ったアンケートだと、VGC2015>メガシンカ無しダブル>VGC2016だったので、全国ダブルで行こうかと思ってたんですが、当オフと近い時期に、バトルロードグロリア北陸予選の北陸オフがあり、こっちが全国ダブルをやると思われるので被らないようにしました。(あとは私がせっかく育成したのに時間なくて大会に参加できなかった腹いせ)
ここ最近のルールの中ではかなりの面白ルールだと思いますので、よろしくお願いします。


●主催
 びちょ
 こばっち


●日時
 2016/9/3(土)

 〜大まかな流れ〜
 13:00 開場
 13:15 受付開始
 13:45 開会式、自己紹介
 14:00 シングル予選
 16:00 シングル決勝トーナメント
 17:00 ダブル予選
 19:00 ダブル決勝トーナメント
 20:00 閉会式
 20:30 二次会(2時間程度)

 ※参加人数によってタイムスケジュールは変更する可能性があります。
 ※お昼からの開催なのでオフ前は自由ソースかつ丼を食べましょう。


●場所
 福井県福井市アオッサ6F福井市地域交流プラザ研修室602
 URL http://www.aossa.jp/
 
 ※福井駅から見える建物です。徒歩1分程度。
  駐車場は駅前に一日1000円の場所があるらしいですが、
  数に限りがあるので公共機関のご利用をオススメします。
 

●参加費
 500円
 ※全て会場費の割り勘、賞品代に回します。


●定員
 40人(スタッフ含む)

 
●持ち物
 ニンテンドー3DS系列
 ポケットモンスターORASのROM
 筆記用具


●対戦ルール
オメガルビーアルファサファイアでのランダムマッチレーティングバトルのルールに則りシングルバトル、「シンオウダービー」ルールに則りダブルバトルを行います。

・レベル1〜100までのポケモンを3〜6匹、バトルボックスもしくは手持ちに入れて対戦します。
・レベル51以上のポケモンは、自動的にレベル50になります。

【使用できないポケモン
ミュウツーミュウルギアホウオウセレビィカイオーガグラードンレックウザジラーチデオキシスディアルガパルキアギラティナフィオネマナフィダークライシェイミアルセウスビクティニレシラムゼクロムキュレムケルディオメロエッタゲノセクトゼルネアスイベルタルジガルデディアンシーフーパ

※現在のレーティングバトル同様、参加できるポケモンは『ポケットモンスター X・Y』または 『ポケットモンスター オメガルビーアルファサファイア』の通常のプレイで捕まえたり、タマゴから生まれたり、ゲーム内で入手したポケモン、および『ポケットモンスター X・Y』『ポケットモンスター オメガルビーアルファサファイア』に公式にプレゼントされたポケモンに限ります。
条件を満たしているポケモンには五角形マーク(通称カロスマーク?)がつきます。
今回はルール上実現可能なポケモンであれば五角形マークは必要ありません

シンオウダービーでは上記に加えて以下のポケモンが使用できません】
カイリューバンギラスヒードラン、図鑑No493以降のポケモン

シンオウダービーでは、ポケムーバーを使用し過去作から連れてきたポケモンをそのまま使うことができます。
例)"ぜったいれいど"を覚えたスイクン、"しんそく"を覚えたエンテイなど


■対戦毎にパーティ(ポケモンフォルム・技・持ち物)の変更は出来ません。
ポケモン・持ち物については重複禁止となっており、「こころのしずく」は、使用禁止。
■かくれ特性夢特性)については、オフ会の前日までに解禁された物のみ、使用可能。
■対戦中にメモ等は取っても構いませんが、第三者による対戦者へのアドバイス等は禁止。
スマートフォンアプリ・電卓などを用いてダメージ計算を行うことについては
 必ず対戦相手の方にその旨を伝え、合意を得た上で円滑に行うよう心掛ける。


 対戦形式は、まず複数の予選ブロックにわけ、成績優秀者が決勝トーナメントに進めます。
 ブロック数と、抜ける人数に関しては参加人数次第となりますので当日発表します。
 予選に関して、同じブロックで勝ち数が同じ場合は、
 遅刻の有無>直接対決>残数>勝った相手の勝数>参加申請
 で決めさせていただきます。


●賞品
 優勝者には毎度お馴染みとなったスタッフのドミナさん作の切り絵が提供されるかどうかはちょっと未定です。

 例(第4回賞品)
 f:id:bicho5296:20150212005536p:image:w360


●注意事項、禁止事項●
 1.オフ会の進行を著しく妨げるような行為、苦情が出る程の騒音を立てることは禁止とします。
 2.相手に不快を与えるような言葉、台パンなどの威圧行為を禁止します。
 3.対戦中のリアクションは大いに結構ですが、相手の戦略を大声で暴露すること、
  決勝トーナメントで他の方の対戦を観戦中に能力値、技の暴露や助言することを禁止します。
 4.上記の行為が逸脱したと判断された場合、主催側より退室して頂く場合がございます。
 5.オフ会で貴重品の紛失が発生しているため、
  貴重品の管理は各自しっかり行ってください。オフ側は責任を取れません。
 6.事前連絡なく遅刻した場合、多少の遅れならば対戦に参加できますが、ほかの試合が
  全て終わっているにも関わらず遅れた人だけ未消化試合がある場合は
  残りの試合を不戦敗とします。
 7.改造ツール等によって不正なデータのある3DS・ソフトでの参加を禁止します。
  正規プレイで入手出来ないポケモンを使用した場合、その時点で失格とします。
  その場で判断することは不可能ですが、通常プレイで可能なポケモンでも
  改造ツール等によって得られた個体は使用しないでください。
  また、出処不明なGTS産などに関しては自己責任で事前にしっかり確認してください。
 8.ゴミは各自お持ち帰りください。
 9.予選中は対戦消化を最優先としてください。
10.会場で起こったトラブルについて主催は一切の責任を負うことが出来ません。


●二次会について
 あらかじめお店を予約して、食事会を行い交友を深めたいと思います。
 同じ趣味を持った人たちの飲み会は楽しいので、
 時間とお金に余裕のある方は是非お越し下さい。
 (スタッフごんべえさんのバイト先、3500円で刺身も出るらしい)
 

●参加申請
 以下のテンプレを利用し、この記事にコメントお願いします。
 初対面の人でも交流しやすいよう、名札を作成予定です。
 代理申請も可能です。
 対戦会のキャンセルについては前日まで承るのでお気軽に(´∀`)
 しかし、二次会に関してはお店の都合もありますのでキャンセルは9/2(金) 18:00までにお願いします。


  [ハンドルネーム]
  [注意事項・禁止事項は読みましたか?]
  [二次会]
  [連絡取れる手段(任意)]
  [その他一言]

【記入例】
  [ハンドルネーム] びちょ
  [注意事項・禁止事項は読みましたか?] はい
  [二次会] 参加します
  [twitter] @bicho_5296
  [その他一言] ポケモンGO始まったら化石ポケモン福井限定で賑わう!そう思ってた時期が僕にもありました。。。

ごんべえごんべえ 2016/07/25 22:38  [ハンドルネーム]ごんべえ
  [注意事項・禁止事項は読みましたか?]読みました
  [二次会] ◯
  [連絡取れる手段(任意)]@gonbe27359(Twitter)
  [その他一言]どうやらスタッフに昇格したみたい。

サイマルサイマル 2016/07/25 22:39
  [ハンドルネーム]サイマル
  [注意事項・禁止事項は読みましたか?]読みました
  [二次会] 参加します
  [連絡取れる手段(任意)]@saimal_poke
  [その他一言]よろしくおねがいします

サイマルサイマル 2016/07/25 22:39
  [ハンドルネーム]サイマル
  [注意事項・禁止事項は読みましたか?]読みました
  [二次会] 参加します
  [連絡取れる手段(任意)]@saimal_poke
  [その他一言]よろしくおねがいします

サイマルサイマル 2016/07/25 22:39
  [ハンドルネーム]サイマル
  [注意事項・禁止事項は読みましたか?]読みました
  [二次会] 参加します
  [連絡取れる手段(任意)]@saimal_poke
  [その他一言]よろしくおねがいします

2016-03-11

[VGC16(ダブル)] Dialga Kyogre Switch

f:id:bicho5296:20150329232721p:imagef:id:bicho5296:20150329232722p:imagef:id:bicho5296:20160311212010p:imagef:id:bicho5296:20160122204840p:imagef:id:bicho5296:20151108023742p:imagef:id:bicho5296:20160311212454p:image



ポケモン技1技2技3技4特性持ち物
ボルトロス10万ボルト電磁波挑発守る悪戯気合の襷
ランドロス地震岩雪崩馬鹿力大爆発威嚇拘り鉢巻
ディアルガ流星群ラスターカノン波動テレパシー突撃チョッキ
カイオーガ潮吹き根源の波動冷凍ビーム守る雨降らし→始まりの海藍色の珠
クレセリア冷凍ビームスキルスワップ手助けトリックルーム浮遊オボンの実
ゲンガーヘドロ爆弾シャドーボール鬼火守る浮遊→影踏みゲンガナイト

1月〜2月の間猛威を振るっていたグラードンゼルネアスドーブルガルーラボーマンダファイアローの6匹(巷でBig6と呼ぶらしい)と、それに有利?と言われたカイオーガレックウザの2つの構築に勝つために作成。


Big6は、ドーブルさえどうにかすれば基本的にトリルからのカイオーガでイージーウィンを狙える構築であるため、ドーブルゼルネアスガルーラあたりが初手に出された場合に主導権を握れる挑発+メガゲンガーの並びを作り、後発でクレセリアによるスイッチ展開を狙う。
ドーブルは倒そうとしても、気合いの襷によりメガガルーラ以外の攻撃では2手かかってしまうことが多く、倒した場合は裏からガルーラなどを出されて更にゼルネアスの行動回数を稼がれてしまうといった問題が生じるため、挑発で動きを止めて交替を封じ、腐らせてしまうことが最も良い対策だと感じた(メンハドーブルはお手上げ)。


Big6と戦う際の基本選出をボルトロスゲンガークレセリアカイオーガにすることで、伝説枠が余っていたため、もう1つのトップメタであったカイオーガレックウザ(+ナットレイ)に圧倒的に強いディアルガを採用。
当時はディアルガが殆ど見られなかったこともあり、鋼ドラゴンタイプに打点が不足しているパーティーも多く、ディアルガを大切に扱えば簡単に詰みの状況に持っていけることも多々あった。

ディアルガで相手カイオーガを見るためには、C220の雷でH207D180ゲンシカイオーガが最低乱数×2以外2発というラインのため、Cを割くわけにはいかず、かといってH振りだけでは満タンカイオーガの潮吹きで半分削られてしまい、有利とは言い難かったので、持ち物には突撃チョッキを採用。
そもそも、特殊面の耐久値がトップメタのゲンシグラードンと同じで地面弱点も被っているため、何かしらしないとグラードン目的の攻撃で倒されてしまうので、そのケアとしても役立った。
トリックルームや守るを入れれなくなってしまうという欠点はあるものの、対ナットレイ波動弾などの技を入れようとするとどうしても技スペースが空かなかったので、丁度良かった。
ディアルガは、味方カイオーガとの攻撃面の相性も良く、水の通らないドラゴンに強いドラゴンタイプであり、ナットレイに対しても相手からの打点を受け付けずに波動弾2発(HAナットレイならカイオーガの潮吹き+波動弾でも可)で倒せる点が非常に便利だった。

最後の枠として、ディアルガカイオーガの2匹の伝説が、サイクルを回しながら強力な攻撃を通していくスタイルが合っていたため、威嚇が撒けつつ相性補完がとれるポケモンが欲しいということで、霊獣ランドロスを採用。
構築が、カイオーガとメガ後のゲンガー以外地震を撃てる並びで、更には大爆発を撃っても大丈夫なポケモンが2匹もいたため拘り鉢巻で豪快に使ったら予想以上に強かった。
馬鹿力は、相手ディアルガナットレイガルーラへの打点として採用しているが、対ナットレイはそれほど困っていないし、地震も撃ちやすいため、Wolfeさんのように蜻蛉返りを入れて天候の維持をしやすくするのも有りかもしれない。


しばらく使用したところ、少し前まではBig6やオーガレックが多かったこともあり、面白いように勝てたが、環境が進み、ディアルガがそこそこ出てきてマークされ始めたことや、トリックルーム系統が増えて、それに伴いモロバレルの増加などで使い辛くなってきたため公開。
4月からは忙しくなりそうですが、また新しい構築を作れるようガンバリマス・・・