スマートフォン用の表示で見る

むずむず脚症候群

サイエンス

むずむず脚症候群

むずむずあししょうこうぐん

就寝時にじっとしていると、ふくらはぎなどがむずむずしたり痒みが生じたりといった違和感・不快感が生じ、眠りを妨げられる症状。

頭は眠くなるのだが、体、特に脚がむずむずして眠れず、睡眠薬も効きにくい。

むずむず脚症候群による脚部の不快感は、足を動かすと治まる。起き上がって活動するとなんでもないのだが、再び就寝しようとするとやはり不快な感覚が現れる。このため、慢性的な不眠に陥り、生活リズムに変調を来たす場合が少なくない。

中高年に多く見られる症状とされる。