スマートフォン用の表示で見る

アジア

地理

アジア

あじあ

ユーラシアの大部分及びその周辺島々から成る地域。

世界の陸地面積の約3分の1、世界の人口の約半数を占める。


大陸を二分するヨーロッパとの境界は、ウラル山脈、ウラル川、カスピ海カフカス山脈、黒海ボスポラス海峡、マルマラ海、ダーダネルス海峡、及びエーゲ海

アフリカとの境界は、スエズ運河及び紅海


もともとは、現在のアナトリアトルコアジア側地域)を指す言葉。

語源は、地中海東部のフェニキア人が、東方の地域をアス(Asu、日の出る地方)、西方をエレブ(Ereb、日の沈む地方)と呼んだことによるとされる。それぞれ"Asia"と"Europe"になった。この区分自体が西ヨーロッパ中心の視点に基づいている。