スマートフォン用の表示で見る

アンリ・ルソー

アート

アンリ・ルソー

あんりるそー

Henri Rousseau (1844-1910)

画家。素朴派に分類される。

フランス生まれ。

入市税関で働く傍ら、40歳ごろ、趣味として独学で絵画を始める。

しかし、趣味が高じて役人を辞めてしまう。


20世紀初頭、彼はパリのサロンから稚拙であるとされ、その評価は低かったものの、ルソー自身の自作への自信は絶対であった。


足を運んだことのない遠い異国のジャングルに憧れを抱き、想像だけで絵を書き上げてしまうルソーの素朴で無邪気、幻想的な作風にはピカソゴーギャンも絶賛したという。

ちょうど「原始芸術(プリミティヴ・アート)」が流行る前のことだった。

「無意識の天才」と呼ばれ、死後、その評価が高まる。


彼の墓碑には彼の絵を愛した詩人ギョーム・アポリネールの次の詩が刻まれている。

やさしいルソーよ、きこえますか  私たちの挨拶が
私たちの荷物を、無税で天国の門を通してください
あなたに筆と絵具とキャンバスを持ってきました
真実の光の中で 神聖な余暇が過ごせるように
かつて君が 星を見ながら 私を描いたように

アポリネール