スマートフォン用の表示で見る

エキナセア

動植物

エキナセア

えきなせあ

インディアンハーブと呼ばれ高い薬効が注目されるハーブアメリカの中央部及び南西部原産で、世界中で園芸植物として親しまれている。免疫機能を高める成分を含み、最新の研究で、動物実験などで抗ウイルス性,抗菌性,免疫強化性などが実証済み。

人間については風邪の治療に有効との報告があるが、効果がないという報告もあり、臨床例はまだ十分とはいえない。

アレルギー症状がまれにある。進行性の全身性疾患患者には用いるべきではないとされている。

「健康食品」の安全性・有効性情報

キク科の多年草の属名。Echinacea(学名:Echinacea angustifolia,E,purpura,E,pallida)

6種の固有種がある。7〜10月ころに赤紫の花が咲く。