サム・シェパード

読書

サム・シェパード

さむしぇぱーど

Sam Shepard

作家脚本家、ミュージシャン、映画監督俳優

略歴

軍人の父にしたがって全米の基地を転々とする。やがてカリフォルニア州一家は居を構えるが、この土地柄が彼にさまざまな影響を与えた。地方劇団に参加した後、ニューヨークに出ると音楽活動と劇作従事、やがて20代でオービー賞をたて続けに獲得し、一躍オフ・オフ・ブロードウェイの寵児となる。

演劇、ミュージシャン、演出家、詩人脚本家映画監督、俳優とおどろくべき広範囲な活動をしている。彼の描く世界はドライで暴力的な日常語と、ディテールを執拗に書き込む視覚的効果の混在する、アメリカ的な音楽性な絵画的に彩られている。

初期の作品には物語性やテーマの不分明なものが多かったが、70年代以後はアメリカ社会では日常的になっている「暴力」の問題を、主として家族の崩壊を通じてリアリスティック手法で描いている。

主な著作

主な映画作品