スマートフォン用の表示で見る

ナチス・ドイツ

社会

ナチス・ドイツ

なちすどいつ

第一次世界大戦後、不満のつのるドイツ人を取り込み、ドイツの実権を握った政党。後に第二次世界大戦を起こし、ユダヤ人を500万人から虐殺した。党首のヒトラーは負けを自覚してベルリン自殺、大虐殺に関わった幹部は、「永遠に時効はない」とされた。