スマートフォン用の表示で見る

モンテーニュ

一般

モンテーニュ

もんてーにゅ

Michel Eyquem de Montaigne (1533-92)

ミシェル・エーケム・ド・モンテーニュフランス思想家モラリスト

フランス南西部、ボルドーの貴族の家*1に生まれる。

トゥールーズ大学で法律を学ぶ。1557 年に、ボルドー高等法院の評定官。

親友ラ・ボエシーの死を契機に、生と死についての思索を深める。

1580年から翌年までイタリアドイツを旅行し、その『旅行記』は前半は秘書と思しき人物が、後半は本人の手で記された。また、1774年にも『イタリア旅行記』が出版されている。

1571年に引退し、読書と領地管理の生活のかたわら、『エセー』を執筆。

1580年、『エセー』(2巻・94章)を刊行。

1581年、ボルドー市長。

1588年、『エセー』新版(3巻・13章を追加)を刊行。

amazon:モンテーニュ

松岡正剛氏のエセー評。

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0886.html

*1:正しくは、南フランスのペリゴール州にあるモンテーニュの領地。