スマートフォン用の表示で見る

華族

一般

華族

かぞく

近代日本の特権的貴族階級のこと。

明治2(1869)年、旧公卿・諸侯(大名)の身分呼称として定められたが、

明治17(1884)年、華族令により維新以来の国家の功労者を加え、

公・侯・伯・子・男の爵位が授けた。

その後、政治・軍事面で国家に功績のあった人、文化・学術面で優れた業績を挙げた人、

実業家、僧侶、神官なども華族に列せられた。

第二次大戦後の昭和22(1947)年、日本国憲法の施行によって廃止された。


清華家の別称。