スマートフォン用の表示で見る

源俊頼

読書

源俊頼

みなもとのとしより

日本の平安時代後期の官人。歌人源経信の三男。

白川院の命により「金葉和歌集」を撰集した。