スマートフォン用の表示で見る

高野山真言宗

一般

高野山真言宗

こうやさんしんごんしゅう

日本仏教宗派の1つである真言宗の一宗派平安時代初頭に空海が唐(現在の中国)に渡り、長安(現在の西安)にある青龍寺で恵果から密教を学び、日本に帰国後、開いた。高野山金剛峯寺を総本山とする宗派である。高野山奥の院弘法大師御廟を信仰の源泉とし、壇場伽藍を修学の場所として、真言密教の教えに基づいて信仰している。