スマートフォン用の表示で見る

桜の樹の下には

読書

桜の樹の下には

さくらのきのしたには

梶井基次郎の短篇。初出は『詩と詩論』(昭和3年12月)。



殊に冒頭の一文は鮮烈で、よく知られている。

桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」



坂口安吾桜の森の満開の下」などの先蹤となったという意味でも

文学史上見落とせない傑作である。『青空文庫』収蔵(後掲)。