スマートフォン用の表示で見る

写実主義

アート

写実主義

しゃじつしゅぎ

写実主義とは技法的なものだけではなく、その取り扱う主題も指し示している。

もっとも技法的なレヴェルでの写実主義新古典主義ロマン主義での絵画にも見られている。

始まりは次第に反動化する七月王政や強大化するブルジョワ支配への不満がテーマの面で画家たちの目を社会の現実に向けさせたことに由来する。驕り高ぶった支配層の戯画や農民や労働者の姿が描かれるようになり、第2共和制期の一時的な自由主義的雰囲気の中で、身の回りの自然を描いた風景画とともにそうした作品が公に発表され、19世紀中期の写実主義絵画の潮流と形成する。

この時期のフランス美術の写実主義文学とも連動しており、ヨーロッパの近代芸術の基調を形成する重要な役割を果たした。