守護

一般

守護

しゅご

鎌倉幕府室町幕府において、一国*1の管理を任された有力武士。律令制の国司に当たる。

室町幕府の場合

守護は在京が原則とされ、応仁の乱まで現地の政治は守護代が代行していた。

半済令により強大な権力を持つようになり守護大名と呼ばれるまでに至る。下克上の世でも生き残り、そのまま戦国大名となった者もいるが、家臣筋の下克上に屈したものが多い。

*1武蔵国土佐国などの国。