スマートフォン用の表示で見る

酒井忠次

社会

酒井忠次

さかいただつぐ

戦国武将。1527年〜1596年。

徳川家康の家臣。徳川四天王筆頭。家康の叔母を妻としており、三河統一期から五カ国領有期までの宰相格。東三河衆の旗頭。

長篠・設楽ヶ原の合戦では別働隊を率いて武田軍の拠点、鳶巣山砦を攻略して大勝の礎を築いている。

徳川信康切腹の際の信長に対する申し開きが不足していて家康から恨まれていたとの説もあり。