スマートフォン用の表示で見る

打ち切り

一般

打ち切り

うちきり

途中で終わりにすること。打切。

漫画や小説などで、ストーリーが不自然な形で、連載・出版が終了すること。作品の不人気・作者の不祥事・掲載雑誌の休・廃刊などの理由が挙げられる。

ドラマやアニメ、バラエティ番組などのTV番組が突然終了すること。不人気・低視聴率・出演者の不祥事・局の編成上の都合などの理由が挙げられる。

平凡な作品が打ち切りを経て名作へと昇華することもある。

よくある打ち切りの例

漫画

  • 10週打ち切り
  • 原作者死去
  • 掲載雑誌の休廃刊
  • 執筆者の不祥事
  • 「俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!」
  • 「第一部完」
  • 応援ありがとうございました。○○先生の次回作にご期待ください」
  • という夢を見たのでございます。
  • という物語があったのよと老婆が子供たちに昔語る
  • 「次はどいつだー!?」と今まで戦った仲間が揃って終了
  • いきなり○年後、立派に成長した主人公たちが登場→完
  • 登場できなかった敵キャラがシルエットで登場
  • ダイジェストで説明
  • 年表で説明

TV

  • 視聴率の低迷による打ち切り
  • 2クールの予定が1クールに
  • 番組の内容が虚偽や捏造・でっちあげ
  • 制作会社やスタッフの不祥事
  • 全10話が全9話になるなど話数が削られる(最終回は妙に展開が早い)
  • 番組の終了間際に、小さくテロップで「今週で○○は最終回です」
  • エンディングで終了告知画面
  • 何の告知もなく次週から別の番組が放送
  • 出演者の降板(出演者が逮捕されるなどの不祥事・または事故や病気など。グループなら解散・活動休止の場合も。)
  • 大事件、大事故、大災害が発生(特に東日本大震災が顕著である。)
  • ヤラセ演出の発覚
  • メインスポンサー降板
  • 苦情が殺到
  • マンネリ化
  • ネタ切れ
  • 番組予算使い切り

打ち切り例

漫画

ジャンプ漫画
講談社刊のマガジン系漫画

***週刊少年マガジン漫画

  • 赤松健ネギま!」 2004年春頃より連載開始の魔法使い系学園ものでロングラン作品としては異例のジャンルを扱う作品。作者の趣味趣向で当初のドタバタコメディものから魔法バトルものへと傾斜、2010年以降連載分のクライマックスで主人公父が最大の敵となることが判明した頃に編集部側から打ち切り宣告。原作版の最終話では、戦闘シーンを入れずなぜか数年後の世界で主人公が父子再会を教え子や教員、魔法界の関係者らと祝うというもの。

***ヤングマガジンアッパーズ漫画

その他の漫画

テレビ

バラエティ番組・情報番組
ドラマ
特撮
コーナーの打ち切り

事業単位によるもの

アニメ

OVA

映画

実写・特撮作品
劇場用アニメ
  • 虐殺器官」 - 2015年内公開予定だったが本来の制作元だった企業が自己破産申請したため無期延期に(興行元の東宝によると元請会社選定は白紙状態となっていたが各種事案も無事目途が立ち、2016年内の公開予定としている)。

ラジオ

小説

一般文学
  • 悪霊」(江戸川乱歩)- 物語が壮大すぎたため話が進まず、「休載」のお詫び文を掲載したが、再開されなかった。
  • 金色夜叉」(尾崎紅葉) - 作者療養。
  • 路傍の石」(山本有三) - 軍部からの検閲に反発、抗議の意味を込めて「ペンを折る」と題した章を記して断筆。
  • 「明暗」(夏目漱石、1916年) - 作者死去のため。
  • 「死ぬことと見つけたり」「花と火の帝」(隆慶一郎) -作者死去のため。
  • 死霊」(埴谷雄高) - 作者死去のため。
ライトノベル

ゲーム

一部Wikipediaから引用しています。

関連

リスト::打ち切りになったCM・広告作品?

放送事故

*1:原作やアニメファンから「設定とか改編しすぎ」等とお叱り・指摘をもらったからとの説有。同様の影響で「HAPPY★LESSON」のコミカライズ打ち切り発表。

*2:但し、不定期特番枠にて元の「平成教育委員会」としてリニューアル放映中(2015年秋より)。

*3:なお、2015年10月改変期に同番組は開局記念及びV6結成記念の特番として同じ火曜ゴールデン枠で「学校へ行こう!2015」として放送した。

*4:現カンテレでやっていた同様のゴルフ対戦番組もリニューアルますだおかだ岡田圭右に交代

*5テレビ朝日系列の土曜枠の約1時間×2枠の構成に戻したため、アニメ枠を金曜日夜7時台へ戻した。

*6:このカテゴリではジャイアント白田?ギャル曽根等の大食い有名人を輩出。

*7:ラジコン戦車VSニホンザル(旧日光猿軍団)の回。

*8:日本の紙幣による札束を用いたことが問題になった。

*9:初回放送は2015年

*10:本放送枠では本当に緊急なため、救済措置により総集編を2週に渡り放送。

*11:なお、作中では中盤以降円谷プロ作品との連携もあった模様。

*12:及びスピンオフ企画「スモウライダー

*13:また、2015年末頃から火曜のクイズコーナーもメイン出題者体調不良により休止、降板確定のため自然消滅の形をとらざるを得ない状況に。

*14:因みに当初より発表の休刊時期が被災時以降だったのは単なる偶然.。

*15:及び主要スポンサーの不祥事による撤退。当事者である三洋電機の項を参照。

*16:実は13話予定だったものの最終的に10話(本編9話+最終話特番)となった。

*17:これが実質的な処女作となった制作会社「マングローブ」は、ビジネスモデルの経営問題で2015年10月に破産した。

*18:皮肉にも最終話内容が主人公のエロ本購入という結末

*19:なお、以降の各CSチャンネルによる再放映リスト入り復帰は災害復興等の進捗・情勢を見て検討中とのこと。

*20:そのお蔭で当時の制作会社で、原作者が設立に関与した「スタジオ・ゼロ」が破産。

*21:理由は同局における「良質な放送」のラテ両立を志向した結果

*22:逮捕後、日立製作所はスポンサー撤退を表明していた。

*23:「桃太郎伝説」シリーズ完全終了告知後に実質引退。

目次