潮干狩り

一般

潮干狩り

しおひがり

春の行楽のひとつ

遠浅の海岸で熊手やバケツを手にアサリハマグリなどの貝類を掘って採る

春に行う理由は昼間の干潮時の潮位の低下が大きくて貝を探しやすいため

観光地化された潮干狩り場では入場料を徴収し、一定重量以上採って持ち帰る場合は別料金になる。

このような潮干狩り場では外国産のアサリなどを補充していることが多い。