追想

映画

追想

ついそう

On Chesil Beach

スタッフ

  • 監督:ドミニク・クック
  • 製作:エリザベス・カーセン?、スティーヴン・ウーリー?
  • 製作総指揮:ババク・エフテカリ?、ウェイン・マーク・ゴドフリー?、ピーター・ハンプトン?、ロバート・ジョーンズ?、ジギ・カマサ?、アンドリュー・マッキー?イアン・マキューアン、ノーマン・メリー?、ジョー・オッペンハイマー?、ベス・パティンソン?、リチャード・ペイテン?、トーステン・スューマッハーー?
  • 原作&脚本:イアン・マキューアン 『初夜』
  • 撮影:ショーン・ボビット?
  • プロダクション・デザイン:スージー・デイヴィス?
  • 衣装デザイン:キース・マッデン?
  • 編集:ニック・フェントン?
  • 音楽:ダン・ジョーンズ?

概要

1962年、夏。世界を席巻した英国ポップカルチャー「スウィンギング・ロンドン」が本格的に始まる前のロンドンは、依然として保守的な空気が社会を包んでいた。そんななか、幸せいっぱいの若い夫婦が誕生する。

カルテットの一員となり、大きな舞台でコンサートを開くことを夢見ていたのは、美しく野心的なバイオリニストフローレンス。一方のエドワードは、歴史学者になることを目指しながら自由に暮らしていた。まるで接点のなかった2人だったが、ある日偶然出会い、一目で恋に落ちる。

とはいえ、実業家として成功した厳格な父親と過保護な母親を持つ裕福な家庭で育ったフローレンスと、学校の教師を務める父親と脳に損傷を負った母親を抱えるエドワードは対照的な家庭環境。すべてが異なる2人にとっては、さまざまな困難が立ちはだかると思われていたが、フローレンスエドワードはそれらを乗り越えるほどの深い愛情で結ばれていた。

そしてついに、フローレンスエドワードは人生をともに歩んでいくことを決意する。結婚式を無事に終え、2人が新婚旅行として向かったのは、美しい自然に囲まれたドーセット州のチェジル・ビーチ。幸せに満ち溢れた時間を過ごすはずだった。ところが、味気ないホテルに到着すると、堅苦しい空気に包まれてしまう2人。ホテルの部屋で食事を楽しもうとするものの、初夜を迎える緊張と興奮から、会話は思うように進まず、雰囲気も気まずくなるばかりだった。

いよいよそのときが訪れるも、喜びを抑えきれずに焦るエドワードと不安な様子のフローレンスは、どこかちぐはぐで、うまく噛み合わないまま。ついに結ばれるかと思われたが、なぜかフローレンスエドワードを拒絶してしまう。フローレンスはホテルを飛び出し、チェジル・ビーチへと逃げていくのだった。エドワードは後を追いかけるものの、2人は激しい口論となり、お互い思ってもいない言葉を口にしてしまうことに。

愛しているからこそ生じてしまった“ ボタンの掛け違い”。それは、今後の2人の人生を大きく左右する分かれ道となってしまう。フローレンスエドワードにとって、生涯忘れることのできない初夜。その一部始終がいま明かされる……。

(公式サイトより)