スマートフォン用の表示で見る

帝国

一般

帝国

ていこく

一般的な帝国の意味

国語辞典では「皇帝の統治する国」とか書かれているが、帝国が指し示す意味は必ずしもそうとは限らない。一般的には特定民族が中心になって、他の複数民族を統治する国家を指す。皇帝による専制政治が行われる事が多いがこれに限定されない。

よってアッシリアバビロニアアケメネス朝ペルシア古代エジプトの諸王朝やインカ、アステカイスラム王朝チンギス・ハーンモンゴルなども「帝国」である。場合によって「ペルシア以前の国家を帝国とは呼ばず、ローマ以前の元首を皇帝と呼ばない」などのルールが主張される場合もあるが、それほど厳密なものではない。

ヨーロッパの帝国について

狭義にはローマ帝国→東西ローマ帝国とその後継国家が「帝国」だった。(もちろん理念上のものであって実態とは異なる)

西欧ではローマ帝国の分裂(西ローマ帝国)→カール大帝の加冠(フランク王国)→オットー大帝の戴冠(神聖ローマ帝国)→オーストリア帝国、ぐらいになる*1ローマ教皇皇帝を認定できるという微妙な「フィクション」がこの流れの軸になっている。いわゆる「中世普遍帝国理念」などに立ち入るときりがないので省略する。

東欧ではローマ帝国の分裂(東ローマ帝国ビザンツ帝国)→ロシア帝国、となる*2ビザンツ皇帝理念皇帝教皇など)についても省略する。

ヨーロッパ的な帝国模式図*3

  • 帝国(皇帝
    • 王国(王)
    • 諸邦(宮廷伯、帝国騎士などの帝国直臣)
    • 騎士団領(騎士団)
    • 帝国都市
    • 修道院

*1ナポレオンは「フランス人民の皇帝」なので扱いとして微妙

*2継承が形式上合法かどうかは別問題

*3:イメージ上のもので実際の帝国のありようとは直接の関係はありません