スマートフォン用の表示で見る

統合失調症

サイエンス

統合失調症

とうごうしっちょうしょう

患者の思考・感情・知覚・行動に大きく影響する精神疾患

1%弱の人が一生涯の間に発症する珍しくない病気。遺伝要因及び環境要因があると考えられている。

ただし、罹患前の知能にまで影響は及ばない。
急性期には、陽性症状妄想幻聴、混乱、躁状態)と陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退、抑うつ)の多様な症状が出現し、多くの場合消耗期を経て慢性期(回復期)に移行する。

この病気にかかったからといって、必ずしも暴れたり大声を上げたりするわけではない。急性期のうちからひきこもり、感情の平板化、生活全般にわたる意欲の減退といった「陰性症状」が6ヶ月以上見られることもあるので、発症を見逃しやすい所もある。内因性幻覚妄想の出現が特徴である(DSM-IV)。また、他の精神病と比べて比較的病識を持つ者の割合が少ないとされる。確定診断についてくわしくはこちら

重度の者は意思能力が無いとされる。

名称

Schizophrenia の日本語訳。以前は「精神分裂病」と訳されていたが、2002年、日本精神神経学会が患者の人格否定につながるとして名称変更した。2002年8月初めより、厚生労働省から、精神分裂病を意味する呼称を読み替えるよう通達がなされた。*1

治療

現在では大部分の人が服薬などの治療によって回復する。しかし、十分回復せず、人格変化を残すケースもある。

適切な診断と治療が必要だが、周囲の偏見や、知識の周知が遅れているせいで必要な処置が施されないでいる患者が多い。人道上の観点からも家族等がむりやり精神科へつれていくことは避けたい。任意入院措置入院よりも多いが、むりやり入院させたとしてもそこに至る過程を、あとで精神的にフォローアップしなければならない。入院せずに通院だけで済む場合もある。(なお、任意入院措置入院よりも多いが、医療保護入院の方がよりメジャーな統合失調症での入院形態である。)

長期にわたる入院生活を経た患者の場合、社会生活への適応が難しくなるため、服薬に加えリハビリテーション生活技能訓練SST:Social Skills Training)が社会適応のために必要になってくる。

予後については、三日以上眠れない、疲れがたまるなど再発の危険因子にも注意したい。再発を繰り返すうちに症状が悪化し、回復に時間がかかるようになっていくので、再発を防ぐために回復後も数年から十年単位の服薬がかかせない慢性の疾患である。規則的な受診と服薬、睡眠の質と精神的なゆとりが治療の上で大切である。

急性期のあとに、「精神病抑うつ」の症状が現れる。他の疾患の抑うつと同様に、日内変動がみられる。

ひきこもりや発達障害者に対する誤診の問題

統合失調症の診断基準

代表的な診断基準であるDSM-IVICD-10における統合失調症の診断基準を以下に示す。これらは定型的であり紋切り型であると批判される事もあるが、どの様な項目に該当した場合に統合失調症の疑いがあるとされるのかが分かる点で有益である*2

DSM-IV

A. 特徴的症状 以下のうち2つ(またはそれ以上)、おのおのは、1カ月の期間(治療が成功した場合はより短い)ほとんどいつも存在:
 (1)妄想
 (2)幻覚
 (3)まとまりのない会話(例:頻繁な脱線または滅裂)
 (4)ひどくまとまりのないまたは緊張病性の行動
 (5)陰性症状、すなわち感情の平板化、思考の貧困、または意欲の欠如
注:妄想が奇異なものであったり、幻聴がその者の行動や思考を逐一説明するか、または2つ以上の声が互いに会話しているものであるときには、基準Aの症状を1つ満たすだけでよい。

B. 社会的または職業的機能の低下:障害の始まり以降の期間の大部分で、仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能が病前に獲得していた水準より著しく低下している(または、小児期や青年期の発症の場合、期待される対人的、学業的、職業的水準にまで達しない)

C. 期間:障害の持続的な徴候が少なくとも6カ月間存在する。この6カ月の期間には、基準Aを満たす各症状(すなわち、活動期の症状)は少なくとも1カ月(または、治療が成功した場合はより短い)存在しなければならないが、前駆期または残遺期の症状の存在する期間を含んでもよい。これらの前駆期または残遺期の期間では、障害の徴候は陰性症状のみか、もしくは基準Aにあげられた症状の2つまたはそれ以上が弱められた形(例:風変わりな信念、異常な知覚体験)で表されることがある。

D. 失調感情障害と気分障害の除外:失調感情障害と「気分障害精神病性の特徴を伴うもの」が以下の理由で除外されていること
 (1)活動期の症状と同時に、大うつ病、躁病、または混合性のエピソード発症していない
 (2)活動期の症状中に気分のエピソード発症していた場合、その持続期間の合計は、活動期および残遺期の持続期間の合計に比べて短い

E. 物質や一般身体疾患の除外:障害は、物質(例:乱用薬物、投薬)または一般身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではない

F. 公汎性発達障害との関係:自閉性障害や他の公汎性発達障害の既往歴があれば、統合失調症の追加診断は、顕著な幻覚や妄想が少なくとも1カ月(または、治療が成功した場合は、より短い)存在する場合にのみ与えられる
統合失調症 DSM-5,DSM-IV,DSM-III,DSM-II,DSM-Iの診断基準: ぷしこノート

ICD-10

  1. 考想化声(こうそうかせい)、考想吹込または考想奪取、考想伝播。
  2. 他者に支配される、影響される、あるいは抵抗できないという妄想で、身体や四股の運動、特定の思考・行動や感覚に関連づけられているもの、および妄想知覚。
  3. 患者の行動に対して絶えず注釈を加えたり、仲間の間で患者のことを話題にする形式の幻聴、あるいは身体のある部分から発せられる幻声。
  4. 宗教的・政治的な身分や超人的な力や能力といった、文化的に不適切で実現不可能なことがらについての持続的な妄想。(例えば、天候をコントロールできるとか、別世界の宇宙人と交信しているといったもの)
  5. 持続的な幻覚が、感傷的内容をもたない浮動性あるいは部分的な妄想や支配観念に伴って、継続的(数週間から数ヶ月)に現れる。
  6. 思考の流れに途絶や挿入があり、その結果、まとまりのない話し方をしたり、言語新作がみられたりする。
  7. 興奮、常同姿勢、蝋屈症(ろうくつしょう)、拒絶症、緘黙(かんもく)、昏迷などの緊張病性行動。
  8. 著しい無気力、会話の貧困、情動的反応の鈍麻(どんま)や不適切さのような、社会的引きこもりや社会的能力の低下をもたらさう陰性症状
  9. 関心喪失、目的欠如、無為、自分のことだけに没頭する態度、社会的ひきこもりなど、個人的行動の質的変化。

考想化声:頭の中で考えたことが声として自分に聞こえる、またはその声が他人にも聞かれていると感じること。

考想奪取:自分の考えが他人に奪われていると感じること。

考想伝播:頭の中だけで考えたことが、他人にも知られていると感じること。

言語新作:自分にしか通じない特殊な記号や漢字を使う。

蝋屈症:受動的にとらされた姿勢を保ち続け、自分の意思で変えようとしない状態。

統合失調症の診断基準

*1:「分裂」とは「精神や人格が分裂する」ということではなく、連想が分裂するということであるらしい。現実検討能力が破綻した幻覚妄想状態や言語での意思疎通能力が破綻した「言葉のサラダ」のような現れ方をする。脳内物質(セロトニンドーパミン等)のバランスが崩れた状態になっているがためにこの様な状況が発生している、とする説が現在のところ有力である。

*2:また、場合により精神科医杜撰な診断を指摘する際の参考にもなる。