スマートフォン用の表示で見る

福寿草

動植物

福寿草

ふくじゅそう

キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。別名元日草(がんじつぐさ)、朔日草(ついたちそう)。

晩秋に芽を出し、冬に花が咲くことから、春一番新年を祝う花として、福寿草の名が付けられている。福を招く、縁起の良い花として喜ばれ,別名ガンジツソウ(元日草),北国ではマンサクと呼ぶこともある。

なお福寿草毒草である。春先に出た芽をふきのとうと見誤って食べてしまう事故が起きているので要注意である。


学名Adonis amurensis
開花時期2~4月
花言葉「幸福」、「幸せを招く」、「思い出」