オオバナノエンレイソウ

(動植物)
おおばなのえんれいそう

大花の延齢草
ユリ科エンレイソウ属
:植物

4〜6月に山すそや林の中で、三枚のがくと花びらを持つ白い花を咲かせる。
成長がゆっくりで、花が咲くまで10年以上かかるが、いちど花を咲かせると何年も同じ株が生きていられるというのがエンレイソウの名前の由来といわれる。
花びらが無く、茶色いがくを持つものがエンレイソウ、花びらの先端が細くとがっているものがシロバナエンレイソウと呼び分けられるが、区別は難しい。
北海道・東北地方に分布する代表的な春の山野草で、北海道大学の校章デザインに採用されている。 

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ