スマートフォン用の表示で見る

分散

サイエンス

分散

ぶんさん

統計データのばらつき具合を表す数量。

確率変数xに対してV(x)とあらわされる。

この平方根標準偏差σであるため、σ^2ともあらわされる。

求め方

確率変数xに対する期待値をE(x)とすると

V(x)=E(x^2)-{E(x)}^2

リスト::数学関連