スマートフォン用の表示で見る

別府

キーワードの候補

5件

地理

別府

べっぷ

大分県別府市。日本最大の温泉地。

概要

大分県中部に位置する「国際観光温泉文化都市」

人口126,961人*1、面積125平方キロメートル

古くから温泉保養地として栄え、明治初期の別府築港(楠港)開港、明治33年の豊州電鉄(後の別大電鉄・大分交通)、明治44年の国鉄開通をへて日本を代表する温泉観光地となる。

大正13年4月1日に市制施行、昭和10年に亀川町・朝日村石垣村を合併して現在の市域がほぼ確定する。

瀬戸内海に面した九州北東部に位置し、地形は山と海に囲まれた扇状地で坂が多く風光明媚、気候は穏やかな瀬戸内海性で温暖であり自然災害も少ない。

温泉

日本を代表する温泉地。市内各所から豊富で多種多様な温泉が湧き、別府温泉を始めとする市内8地区の温泉を総称して「別府八湯」と呼ぶ。

現在1000軒以上の宿泊地が軒を連ね、年間観光客は国内外から1000万人を数える別府温泉の歴史は古く、奈良時代に書かれた豊後風土記伊予風土記にも「速見の湯」として登場、また鎌倉時代には一遍上人が訪れたことが伝えられている。

源泉数・泉質数ともに日本1位、湧出量は1日137,000キロリットルでアメリカイエローストーン国立公園に次いで世界2位である。また「奥別府」とは由布院温泉(湯布院)や安心院のことを指す。

交通

別府駅

他の駅

大分自動車道

別府国際観光港

   ※広島航路は原油価格高騰の為にバス転換された

観光鉄道索道

主要バス事業者

主要高速バス路線

別府八湯

※この他にも数多くの公衆浴場がある。多くの市営温泉は1回100円。

観光

※市外でも、一般的に「別府地区」と呼ばれるものや市域に隣接する施設は掲載している。

特産品

祭・イベント

自然

主なローカル企業・事業者

ローカルメディア

大規模商業施設

シンボル

市役所

〒874-8511

別府市上野口町1番15号

TEL(0977)21-1111


* リスト:リスト::温泉

*1:2005年10月1日国勢調査による・外国人含

地理

別府

べふ

地理

別府

べっぷ

地理

別府

びょう

地理

別府

びゅう