スマートフォン用の表示で見る

踊る大捜査線

テレビ

踊る大捜査線

おどるだいそうさせん

解説

「本店(警視庁)と支店(所轄)」などの独特の隠語や、作中オリジナルの宅配便会社「カエル急便」、そして警視庁のマスコットキャラであった「ピーポくん*1の名を日本全国に知らしめた大ヒット刑事ドラマ。

名作ドラマ『太陽にほえろ!』をアンチ・ルールとして、「ニックネームでは呼ばない」「聞き込み中にテーマソングを流さない」などにみられる、従来の刑事ドラマの枠を破ったユニークな設定が多数見られる。また『機動警察パトレイバー』を意識した舞台設定(東京湾埋立地を舞台の中心とした設定)、新世紀エヴァンゲリオンのBGMの使用なども、マニア心をくすぐる要素の1つでもある。

どちらかというと放送中は平凡な視聴率で、一般的に人気があったとは認知されていなかったが、放送終了後に人気に火がついた感がある作品。そして、のちにスペシャル編を2作品(婦警版を含めれば3作品)を経て、『踊る大捜査線 THE MOVIE』と映画となり、記録的なヒット作品となる。

シリーズ作品

テレビドラマ

映画

関連語

警察用語

名言

DVD

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

番外編(縁の下の声優達)

津嘉山正種を始め渋い役を吹き替えてる声優が何人が端役で出演している。

*1:作品中では著作権の関係上、角の2つある「ピーポーくん」にされた

*2ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同じ

踊る大捜査線
目次