スマートフォン用の表示で見る

霊長類

動植物

霊長類

れいちょうるい

霊長目の哺乳類の総称。動物界で最も進化の程度の高いものを含む。蹠行性(しよこうせい)で、多くは樹上にすみ、植物食あるいは雑食。少数の例外を除き、手足とも五指を有し、拇指(ぼし)は平爪(ひらづめ)をもち、他の四指と向かい合い、物を握ることができる。多くは目が顔の前面にあり、両眼で立体視をし、色覚の完全なものが多い。盲腸をもつ。現生のものは、原猿亜目のツパイ・アイアイなど六科と、真猿亜目のオナガザル・ショウジョウ?オランウータン)・ヒトなど五科に分類され、約一七〇種が知られる。

三省堂提供「大辞林 第二版」より