Hatena::ブログ(Diary)

だりあのだいありー

2017-02-01

ちょっとお休みします。(*'ω'*)

ぜんぜん更新していませんが、

昨年の9月より、リビングの方でぽつりぽつりとブログしています。

  ↓

http://mrs.living.jp/livingmate/livingmate021


どうも両方書けそうにないので、しばらくお休みします^^;

2016-10-03

「福知山観光」福知山城〜丹波生活衣館で機織り体験〜足立音衛門本店

京都府福知山市

通過することは多かったのですが、ちゃんと立ち寄ったことがなかったので、福知山観光してみました。

まずは、「福知山城」

f:id:kuro1649:20161003132743j:image

丹波を平定した明智光秀が築城したお城。

昭和61年に復元された天守閣なので、キレイです。

派手すぎず渋すぎず程よい感じ。

福知山城の内部は郷土資料館になっていて、写真撮影不可です。

ただし、兜をかぶって撮影したり、休憩できる和小室があり、

勝手に武将になりきり遊びができて楽しかったです♪

f:id:kuro1649:20161003132742j:image

天守閣からは福知山盆地が見渡せます。

f:id:kuro1649:20161003133132j:image

石垣は野面積み。自然石を巧みに組み合わせたもの。

特徴的なのは「転用石」が多い事。

f:id:kuro1649:20161003132739j:image

五輪塔や宝篋印塔など、お寺の石塔の形や模様がそのまま残り、素人目にもよく分かって面白かったです。

f:id:kuro1649:20161003132738j:image

天守丸にある豊磐(とよいわ)の井は深さ日本一とのこと。

明智光秀本能寺の変の首謀者としてのイメージが強いですが、

福知山では善政をしいた名君として領民に慕われたようで、また違った印象を受けました。

f:id:kuro1649:20161003132741j:image

明智光秀桔梗の紋。桔梗も咲いていました。

f:id:kuro1649:20161003132740j:image

福知山城の近くには、美術館など立ち寄りスポットがいろいろ。

駐車場のすぐ横の「ゆらのガーデン」

食事や買い物ができるお店が集まったお洒落今風ガーデンでした。

福知山城外の階段で「入場無料です」という看板を見つけて、

「丹波生活衣館」に立ち寄ってみました。

f:id:kuro1649:20161003133121j:image

丹波生活衣館」ってなに??だったのですが、ここがなかなか良かったです!

昔からの染織物や衣類などを幅広く展示しています。

f:id:kuro1649:20161003133130j:image

建物も展示物も、正直、地味です。ショボイかもしれません。

いかにも市の施設って感じで空いていました。

f:id:kuro1649:20161003133129j:image

しかし、スタッフの人がとても親切です!

繭を見ていたら、

f:id:kuro1649:20161003133128j:image

生きたうじゃうじゃの蚕さんをもってきてくれたし…(キモイ〜)

f:id:kuro1649:20161003133127j:image

機織り体験を勧めてくれました。

昔ながらの機織り機械を実際に使い、30分くらいでちょっとしたコースターができるとのこと。

f:id:kuro1649:20161003133123j:image

生まれて初めて機織りやってみました〜☆

糸替わりの細く割いた布を選びます。

f:id:kuro1649:20161003133124j:image

縦糸は既に張ってあるので、横糸となる細布を通していきます。

凄く丁寧に教えてくれます!

お手本も見せてくれるし、ややこしい所はすべておまかせで安心です。

f:id:kuro1649:20161003133126j:image

手も足も使って、キッコンバッタン!キッコンバッタン!!

気分はもう、鶴の恩返しの鶴です☆

真剣にやったら、全身運動30分めちゃ汗かきました。あ〜楽しかった♪

f:id:kuro1649:20161003133125j:image

機織り機械ってうまいことなってるなあと感心しました。

予約してたわけでもないし、こんなに楽しんで、出来上がり作品ももらって、完全無料!!

ほんとに、ありがとうございました♡

栗のお菓子がいっぱいの足立音衛門本店もすぐそば。

f:id:kuro1649:20161003133603j:image

趣きあるお店で、焼き菓子購入しました。

f:id:kuro1649:20161003133601j:image

ランチはふくちあん福知山ラーメン

出た頃には行列。人気店みたいでした。

f:id:kuro1649:20161003132746j:imagef:id:kuro1649:20161003132745j:image

大阪のふくちぁんラーメンとは全く別店で、「あ」の大小の違いって…わかりにくいな〜(笑)

2016-09-12

涼しいお花畑「伊吹山」 伊吹山ドライブウェイ利用でお手軽登山♪

滋賀県岐阜県の境目にある「伊吹山」

先月、8月の中旬に行きました。

「祝☆山の日」ということで、山の日の次の日に。

本格的な登山は無理なので、軽く山登り気分を味わいました♪

f:id:kuro1649:20160912104748j:image

名神関ケ原ICで降りて、約10分で、伊吹山ドライブウェイ入口に入ります。

ドライブウェイを20〜30分くらい走ると、9合目にあたる山頂駐車場(スカイテラス駐車場)。

そこから伊吹山山頂・標高1377mに向かって登山道を歩きます。

登山道の所要時間はルートによって、20分〜1時間。

登山道と言っても、散策に近い感じです。

伊吹山ドライブウェイは往復と山頂駐車場と込みで普通車3090円。

ちょっとお高いような気もしますが、快適で気持ちのいい道路です。

f:id:kuro1649:20160912104850j:image

ドライブウェイの途中には、展望台や車を停められる場所もあります。

山頂に近い所では、イヌワシを撮影するために大きな望遠レンズをセッティングしたカメラマンさんを大勢見かけました。

f:id:kuro1649:20160912104840j:image

ぐんぐん登って、スカイテラス駐車場に到着。

着いたとたん、めちゃ涼しい!!めちゃ気持ちいい!!

それもそのはず、ここで標高1260m。

ちょうどお盆休みの時期、広々とした駐車場にはたくさん車が止まっていました。

f:id:kuro1649:20160912105225j:image

軽く腹ごしらえをして、登山道に向かいます。

f:id:kuro1649:20160912105227j:image

登山道は3つのコースがあります。

・西登山道(山頂まで約40分、1000m、緩やかな勾配)

 一番お花がたくさん咲いていて、道幅も広く歩きやすいルート。

・中央登山道(山頂まで約20分、500m、急勾配で階段の道)

 階段は整備されていて、最短ルート。

・東登山道、下り専用(山頂から約1時間、1500m、自然豊かな道)

 石灰岩が露出していたり、足元がやや悪く、道幅が狭いルート。

トレッキングシューズをしっかりと履いてきたので、

西登山道で登って、東登山道で降りてくるコースにしました。

f:id:kuro1649:20160912105110j:image

ゆっくりと登っていきます。

西登山道は眺めも良く、琵琶湖方面が見えます。

f:id:kuro1649:20160912104847j:image

高原植物が斜面に広がります。

f:id:kuro1649:20160912105108j:image

色とりどりのお花が気持ちを癒してくれます♪

f:id:kuro1649:20160912105106j:image

中でも、シモツケソウのピンク色が鮮やか♡

f:id:kuro1649:20160912104845j:image

可憐な花々が咲き乱れます♪

f:id:kuro1649:20160912105109j:imagef:id:kuro1649:20160912104844j:imagef:id:kuro1649:20160912104846j:image

ハイキング気分で登っていきましたが、山頂に近づくにつれて、

ゴツゴツした山肌が見えてきたり、霧が出てきたり、山登りっぽくなってきました。

f:id:kuro1649:20160912105105j:image

それでも、見るものがいっぱいで飽きないので、楽しく、無理なく、山頂に辿り着きました。

f:id:kuro1649:20160912110117j:image

山頂はさらに涼しくて、最高に快適♡

ひととき下界の暑さを忘れてしまいます。

日本武尊ヤマトタケル)の像。

f:id:kuro1649:20160912105236j:image

山小屋には売店もあり、トイレも完備されていて、ゆっくり休憩できます。

f:id:kuro1649:20160912105235j:image

山頂の伊吹寺で御朱印をいただきました。いい記念になりました♪

f:id:kuro1649:20160912105111j:image

帰りは、東登山道ルート。

f:id:kuro1649:20160912104842j:image

足元がやや悪いので、注意看板もあります。(サンダルやハイヒールでは絶対無理です)

f:id:kuro1649:20160912105231j:image

岩がゴロゴロしていたり、細い道が多いですが、勾配が緩いのでそんなに苦労はないと思います。

ただ、転ぶと危険なので注意深く歩きます。

f:id:kuro1649:20160912110613j:image

雲が流れて霧っぽくなると、とても神秘的。

石灰岩の山ということがあちこちで確認できます。

f:id:kuro1649:20160912104841j:image

お花を楽しみながら、涼しくお手軽登山できました〜☆

f:id:kuro1649:20160912105232j:image

スカイテラスでヨモギソフト食べて、

伊吹山ドライブウェイを降りたあとは、関ケ原に向かいました。

関ケ原ウォーランドを外から見て、

f:id:kuro1649:20160912105113j:image

関ケ原町歴史民俗資料館に行きました。

f:id:kuro1649:20160912110628j:image

大河ドラマ真田丸」で関ケ原の戦いが迫っていたので、事前のお勉強(のつもり)。

f:id:kuro1649:20160912105112j:image

でも、昨日ドラマ見たら、関ケ原の合戦に関しては、かすめた程度でした〜(笑)

2016-08-25

夏の山口旅行(7) 締めは門司港レトロと、小倉城

秋吉台と別府弁天池の後は、美祢西ICから中国自動車道に入りました。

山口県から再び、福岡県北九州市へ戻ります。

小倉レンタカーを返却するため。

壇ノ浦PA下りから見た関門橋

f:id:kuro1649:20160823163349j:image

関門橋を渡り、関門海峡を見渡すことができるの門司港レトロへ。

f:id:kuro1649:20160823163339j:image

門司港レトロは、大正レトロ調に整備された観光スポット。

JR門司港駅周辺に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、ホテル・商業施設などが建ち並びます。

門司税関

f:id:kuro1649:20160823163332j:image

北九州市大阪商船

f:id:kuro1649:20160823163220j:image

国際友好記念図書館出光美術館など。

お洒落な雰囲気で、外国みたい♡

f:id:kuro1649:20160823163217j:image

突飛な建築だな〜と思ったら、黒川紀章が設計したビル(門司港レトロハイマート)でした。

f:id:kuro1649:20160823163219j:image

門司港レトロクルーズもあります。

f:id:kuro1649:20160823163342j:image

海峡プラザにはいろんなお土産が揃っていました。

バナナの叩き売りは門司港が発祥の地ということで、バナナマンの像。

(でも、日村と設楽のバナナマンとは無関係だそうな。)

f:id:kuro1649:20160823163221j:image

横浜赤レンガ倉庫の小さい版みたいな感じで、今風のオサレ観光地だな〜と思いました。

門司港から小倉までは車で約30分。

小倉で立ち寄ったのは、小倉城

f:id:kuro1649:20160823163721j:image

1602年に細川忠興が築城。

現在の城は昭和34年に在りし日の名城を再現したもの。

天守閣は「唐造りの天守」と呼ばれ、4階と5階の間に屋根のひさしがなく、

5階が4階よりも大きくなっているのが特徴です。

石垣は切り石を使わない野面積みで、素朴ながらも豪快な風情。

f:id:kuro1649:20160823163331j:image

現存天守閣ではないので、お城の中はバリアフリー化されています。

f:id:kuro1649:20160823163348j:image

歴史展示や場内体験、映像ゾーンなどありました。

大名かごに乗ってスイッチを押すと、前後に揺れて殿様気分が味わえました。

(私の後に乗った外人さんがとても喜んでいました。)

f:id:kuro1649:20160823163346j:image

島原の乱」出陣前夜の作戦会議をするからくり人形。

f:id:kuro1649:20160823163222j:image

天守から見た小倉の街。

f:id:kuro1649:20160823163345j:image

小倉城のキャラは「とらっちゃ」

f:id:kuro1649:20160823163343j:image

内部は、学習施設的な小倉城でした。

小倉駅では、遊び疲れてぼ〜っと歩いていると、静かに座っていたメーテルにびっくり。

f:id:kuro1649:20160823163215j:image

見ると横には鉄郎もいたし、キャプテンハーロックもいました。

f:id:kuro1649:20160823163216j:image

松本零士先生の故郷なんですね〜

駅ビルの居酒屋竹乃屋さんで九州のアテ食べて、一杯飲んで、新幹線で帰りました。

以上(^_-)-☆

f:id:kuro1649:20160823163214j:image

2016-08-23

夏の山口旅行(6) 秋吉台と、神秘のブルー!「別府弁天池」 美祢市

から美祢市へ向かいます。

秋吉台カルストロードを走って、秋吉台へ。

f:id:kuro1649:20160822132142j:image

日本最大のカルスト台地で地下には無数の鍾乳洞が広がります。

地上には、3億年前のサンゴ礁が変化した石灰岩が隆起して、針山のよう。

草原と石灰岩が創るパノラマ絶景「地獄谷

f:id:kuro1649:20160822132141j:image

秋吉台スカイラインは走りやすく、爽快な道路です。

f:id:kuro1649:20160822132134j:image

かつては海底だったけど、今は緑の草の海。

すり鉢状の窪地・ドリーネも見えます。

f:id:kuro1649:20160822132245j:image

標高300〜400mに位置しているので、やや涼しいです♪

昭和の時代からの山口定番観光地「秋芳洞」に入りました。

f:id:kuro1649:20160822132140j:image

秋吉台最大にして、日本屈指、特別天然記念物鍾乳洞

地下100mに広がります。総延長8.9km、高低差40m。

そのうち約1kmを見ることができます。

f:id:kuro1649:20160822132138j:image

秋芳洞正面から入り、青天井を通過すると、最も有名な「百枚皿」

f:id:kuro1649:20160822132139j:image

水に溶けた石灰分が沈殿して皿のようになった石灰華段丘。

皿数は500枚超えとのこと!自然にできた形がとても不思議です。

f:id:kuro1649:20160822132249j:image

さらに歩いて「傘づくし」

f:id:kuro1649:20160822132241j:image

秋吉洞のシンボル「黄金柱」

f:id:kuro1649:20160822132132j:image

洞窟の中は一年を通して17℃くらいなのでひんやり〜

往路のみ楽しんで、奥の黒谷口から出て、バスで正面入り口まで帰ってきました。

黒谷口の間際には「3億年のタイムトンネル」と名付けられた通路がありました。

f:id:kuro1649:20160822132239j:image

30年ぶりに行った秋芳洞はあまり変わっていませんでした。

悠久の時間の流れの中では、あたりまえですね。

秋吉洞から北西に車で15分くらい、同じく美祢市「別府弁天池」へ。

美祢市の観光パンフを見るまでその存在を知らなくて、思いつきで行ってみました。

f:id:kuro1649:20160822132634j:image

別府弁天池」ここ凄く良かったです〜☆

緑深い別府厳島神社の境内にある小さな池。美しい池です。

f:id:kuro1649:20160822132247j:image

見えたとたん、わぁ〜♡っていう眺め!

f:id:kuro1649:20160822132135j:image

別府弁天池の青さと透明度に感動です!

美しいブルーグラデーションの水鏡!神秘的!

f:id:kuro1649:20160822132626j:image

思わず吸い込まれそうになります。

伝説の池でもあり、パワースポット感もあります。

f:id:kuro1649:20160822132248j:image

別府弁天池はこんこんと湧き出る、湧き水の池。

湧き水の池と言えば、岐阜のモネの池共通しますが、池の中に魚はあまりいません。

一見手が届きそうなほど浅く感じる池ですが、最深部は4.5mもあると知って驚きます。

f:id:kuro1649:20160822132635j:image

カルスト台地の伏流水で、毎分11t毎秒186ℓの湧出量!

年間を通して水温約14℃と一定しているとのこと。

飲用可で名水百選に入っていて、長寿と財宝を授かる言い伝えもあります。

池に近づくと、ひんやり〜とっても涼しいです♪

f:id:kuro1649:20160822132631j:image

池の水は隣接する養鱒場でも利用されています。

鱒釣りもあり、釣った魚をそのまま持って行って、

池のすぐ横のお食事処「弁天会館」で調理してもらえます。

釣らなくても食べれますし、マス定食などあってお店は賑わっていました。

が、鱒は食べないで、

お昼ご飯は、道の駅みとうで、ごぼうコロッケ定食。

美祢市は美東ごぼうが特産品だって〜知らなかったな。

f:id:kuro1649:20160822132246j:image