しらせ

(一般)
しらせ

AGB5002 "SHIRASE"
海上自衛隊所属の砕氷艦(南極観測船)

解説

 宗谷ふじに続く日本で三代目の南極観測船。海上自衛隊の所属であり、おおすみ型が竣工するまでは、日本で最大の自衛艦であった。
 1983年11月以来、2004年11月で21回目の南極行きを果たしたしらせは、船体の老朽化も激しく、より大型の南極観測船の建造が求められていたが、予算がなかなか認可されず、当初2007年度に就役を予定していた4代目の南極観測船は、着工は2007年度にまでずれ込み、就役もそれに応じて遅れる予定。
 しらせは2007年11月〜2008年にかけての南極行きを最後として退役する一方、代船の竣工は平成21年度となる予定であり、20年度の南極観測は豪州の砕氷船をチャーターして行われる予定となっている。
 なお、一般公募により定められた艦名の由来は、南極探検を果たした明治期の軍人、白瀬矗*1であると推測されるが、自衛隊では人名を艦に用いないとのことから、白瀬氷河に基づいたものとしている。

要目

進水:1981年12月
就役:1982年11月
南極観測:第25次〜現在
所属:防衛省
基準排水量:11,600t
全長:134m
全幅:28.0m
深さ:14.5m
喫水:9.2m
主機械:ディーゼル6基・推進電動機6基3軸(電気推進)
馬力:30,000PS
速力:19kt
搭載機:ヘリコプター3機
定員:170名
砕氷能力:1.5m/3knt(連続砕氷)

*1:しらせ のぶ:陸軍中尉

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ