へバーデン結節

(サイエンス)
へばーでんけっせつ

【 Heberden Node】変形性関節が指の先端の関節におこると、先端の関節が太くなり、結節状になり、これをヘバーデン結節またはヘーベルデン結節という。指をよく使う職業の人に多いことから、関節の使いすぎによる変形(外傷性)、あるいは遺伝による変形(非外傷性)などが原因と考えられている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ