アドレナリン

(映画)
あどれなりん

Crank

  • 2006年|アメリカ、イギリス|カラー|94分|画面比:1.85:1|映倫:R-15|MPAA: R*1

概要

裏社会の凄腕スナイパーとして生きるシェブは、”アドレナリンを出し続けないと死んでしまう”という毒を盛られてしまう。解毒剤を手に入れる為に、毒を盛った宿敵を探し出そうとしつつ、終始興奮し続けるよう悪戦苦闘するが…。
強烈なブラックユーモアとエログロ描写で話題を呼んだB級アクション映画。

予告編

関連作品

*1:Rated R for strong violence, pervasive language, sexuality, nudity and drug use.

アドレナリン

(サイエンス)
あどれなりん

副腎髄質から分泌されるホルモン。血糖量を高める作用をもち、インシュリンと拮抗(きつこう)的に働いて血糖量の調節を行う。また、心臓の働きを強めて血圧を上げ、気管を拡張させる。1901年(明治34)高峰譲吉と助手の上中啓三が結晶化に成功。強心剤・止血剤・喘息(ぜんそく)鎮静剤として利用。

興奮するという意味で、一般日本語としても使われる。
米国ではエピネフリンとも呼ばれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ