イヌタデ

(動植物)
いぬたで

犬蓼・赤飯・アカマンマ
タデ科イヌタデ属
:植物

タデが香辛料に使えるのに対し、本種はその風味がなく、あまり役に立たない。
女の子が「ままごと」で赤い花を使うこともあった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

我が家の庭で秋咲く花たち.パイナップルセージは遅めの開花.赤が引き立ちます.日本のアネモネ,シュウメイギク.そして,秋の七草の一つフジバカマ.日本の秋を感じさせてくれる花姿.その蔭でイヌタデが背丈を競って異常な高さに花をつけていました.かわいらしい紫色の実をつけているのはホウライムラサキとムラサキシキブ.宿根アスターのうち,ビクトリアは満開ですが,クジャクアスターが咲くのはもう少し待たなくてはいけません.

パイナップルセージ(サルビア・エレガンス)が咲き始めています.我が家では秋を知らせる植物の一つ.赤が引き立ちます. 例年より遅めの開花でした. 同じセージでも,こちらは8月から咲いているアメジストセージ(サルビア・レウカンサ). 秋を知らせるもう一つの植物.シュウメイギク.日本のアネモネですね.8月から咲いているのを見ることもありますが,我が家では秋. そして,秋の七草の一つフジバカマ.日本の秋を感じさせてくれる花姿. フジバカマの間に見えるのはイヌタデ(あかまんま). フジバカマに混ざって生育したため,背を伸ばすこと伸ばすこと.なんと,1メートル以上の背丈になってしまいました. 生き残るため…

yachikusakusaki's blog-7 日前