ハキダメギク

ハキダメギク

(動植物)
はきだめぎく

キク科の一年草。熱帯アメリカ原産の帰化植物。大正時代には入ってきていた。高さ15〜60cm。夏の終わり頃から秋にかけて小さな花を咲かせる。
牧野富太郎博士が東京のごみ溜めで発見したことから名付けられたという。肥沃な土地を好む。


関連語 :植物

新着ブログ: ハキダメギク