カーク・ダグラス

カーク・ダグラス

(映画)
かーくだぐらす

Kirk Douglas
映画俳優、プロデューサー、監督

  • 1916年12月9日、アメリカ/ニューヨーク州アムステルダム生まれ
  • 本名:Issur Danielovitch Demsky
  • 身長:175 cm

略歴

両親はロシア移民。高校時代に演劇に興味を持ち、セイント・ローレンス大学で文学士の学位を取得。スポーツ万能で特にレスリングを得意としていた。しかしとても貧しい家庭だったため、プロレスラーやホテルのボーイ、劇場の案内係など40もの職業に就きながらの苦学生だったという。やがて俳優を目指しアメリカ芸術アカデミーに学び(同期生にはローレン・バコールがいた)、ブロードウェイに立った頃に召集され海軍に入隊。戦地で負傷し除隊後はラジオや舞台に出演。やがて製作者のハル・B・ウォリスに認められ46年「呪いの血」で映画デビュー。以降は映画一本に仕事を絞り「チャンピオン」で主演賞候補となった。以降は「悪人と美女」、「炎の人ゴッホ」と同賞候補となり、「OK牧場の決斗」、「ガンヒルの決斗」、「スパルタカス」といった西部劇や大作などに出演。その一方では自身のプロダクション、ブライナ・カンパニーを設立。旧友バート・ランカスターと共に独立プロの先駆者にもなった。政治にも関心を示し、60年代の出演作にもその影響が出ていると言われている。結婚はダイアナ・ダグラスと43年に結婚。二児をもうけるが51年に離婚し54年に再婚した。前妻との子供は後のマイケル・ダグラスとジョエル・ダグラス。再婚者との間に生れた子供はエリック・ダグラス、ピーター・ダグラスと皆映画関係の仕事に就いた。
(allcinemaより)

ベラルーシ系ユダヤ人。
長男はマイケル・ダグラス

主な作品

アカデミー賞

新着ブログ: カーク・ダグラス