フィンランド語

(読書)
ふぃんらんどご

たまに「フィン語」とも。本名スオミ語。
名前の通り、フィンランド共和国の公用語*1
系統としてはウラル語族フィン・ウゴル語派。その中でもエストニア語と近く、バルト・フィン語として括られることもある。

特徴としては(ウラル語族なので)膠着語で母音調和がある。「世界三大難解語」の一つに数えられたりする*2のは、格が15もあったり、動詞の活用(変化形)も山ほどあったりするからだと思われる。

*1:ロシア連邦カレリア共和国でも公用語だが

*2:根拠不明

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ