モーパッサン

モーパッサン

(読書)
もーぱっさん

ギ・ド・モーパッサン Guy de Maupassant(1850〜1893) フランスの自然主義作家。
短編・ペシミズムの漂う作品の名手。
1880年、卑しいブルジョア階級の人々の中で、身分こそ劣るものの高潔な娼婦を生き生きと描いた「脂肪の塊」でデビューを果たし、10年余りの期間に300以上もの短編と6つの長編を書き上げた。
長編としては、「女の一生」が有名である。
1892年に自殺未遂をし、1893年には精神病院に送られ、そこで43歳の短い生涯を閉じた。

ニーチェも「この人を見よ」で、好きな作家の一人としてあげている人物である。

  • 主な著書
    • 脂肪の塊・テリエ館(岩波では「脂肪のかたまり」)
    • 女の一生(遠藤周作も同名の小説を書いている)
    • モーパッサン短編集(1)〜(3)(新潮社)

ネットの話題: モーパッサン

人気

新着

新着ブログ: モーパッサン