三十三間堂

三十三間堂

(アート)
さんじゅうさんげんどう

概要

本堂の内陣の柱間が三十三あるために三十三間堂と呼ばれる。
正式には蓮華王院という名の天台宗の寺院である。
千一体の観音像が並んでいることで有名。
毎年一月十五日に近い日曜日には、最も重要な法要である「楊枝浄水供(やなぎのお加持)」と、通し矢に因む弓道大会である「大的(おおまと)大会」が行われる。

トリビア

宮本武蔵が決闘したっていうのは吉川英治の創作らしい。

交通

  • 京阪:七条駅から徒歩五分
  • 各線:京都駅からバス
  • バス:博物館三十三間堂からすぐ

近隣

  • 京都国立博物館
  • わらじや
  • 京阪七条駅
  • ハイアットリージェンシー京都

ネットの話題: 三十三間堂

人気

新着

新着ブログ: 三十三間堂