Hatena Blog Tags

哲学史

(一般)
てつがくし

哲学思想の歴史的な推移・変遷などを明らかにするための学問。


古代ギリシア以来、人が自然の驚異や人の生病老死や喜怒哀楽に出会い、生の不条理に疑問を感じるところ、至る所にあるとされて、歴史を重ねてきた研究のこと。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

藤田東湖と西郷南洲(3)・・・『維新と興亜 』連載中の原稿の下書き(メモ)(続々々々)です。 水戸光圀(水戸黄門)は、「学問好き」だったにも関わらず、「学校」を作ることには、反対だったというが、いったい、何故、反対だったのか。この問題は、水戸学派にとっても、あるいは水戸学派以外においても、「学校」というものを考える時、無視できない重要問題だろう。言い換えれば、ここに、水戸学の思想的真髄もあるのではないか。普通の常識論から考えるならば、「学問」を深め、発展させるためには、まず「学校」を建て、そこで、集中的

藤田東湖と西郷南洲(3)・・・『維新と興亜 』連載中の原稿の下書き(メモ)(続々々々)です。水戸光圀(水戸黄門)は、「学問好き」だったにも関わらず、「学校」を作ることには、反対だったというが、いったい、何故、反対だったのか。この問題は、水戸学派にとっても、あるいは水戸学派以外においても、「学校」というものを考える時、無視できない重要問題だろう。言い換えれば、ここに、水戸学の思想的真髄もあるのではないか。普通の常識論から考えるならば、「学問」を深め、発展させるためには、まず「学校」を建て、そこで、集中的に学問に励むべきだと考えるだろう。しかし 、水戸光圀は 、そうは考えなかった、と藤田東湖は言う…