宮崎勤

宮崎勤

(一般)
みやざきつとむ

人名。
彼の引き起こしたM君事件により「おたく」の存在が社会的に注目された。
現在、オタクが誤解され、差別を受けている主な原因の一つと言われている*1
 
1988年から翌89年にかけて発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(警察庁広域重要117号事件・犠牲者4名)の被告人。
1989年7月23日、別件の現行犯で逮捕される。
1989年8月24日簡易鑑定
1997年4月14日、東京地裁にて有罪(死刑)判決。
2001年6月28日、東京高裁にて被告側の控訴棄却。
2006年1月17日、最高裁にて被告側の上告棄却(裁判官4名全員一致の判断)。これにより、死刑判決が確定。
2008年6月17日、死刑執行。
 
事件後は、出版業界(とくに漫画やアニメなど)などで性的な表現に対する自主規制が厳しくなった。

精神鑑定

精神鑑定は3回行った

  • 1回目(起訴前鑑定:簡易鑑定)

 →パーソナリティ障害
 精神分裂病(現・統合失調症)の可能性は、全く否定出来ない

 →パーソナリティ障害

 →現在の統合失調症

  • 内沼幸雄、関根義夫鑑定1993年1月22日〜1994年12月1日:ヒステリー性解離症状(多重人格障害)

 →現在の解離性同一性障害
 
参考資料


リスト::殺人犯

*1:宅八郎の演技による影響もある

ネットの話題: 宮崎勤

人気

新着

新着ブログ: 宮崎勤